blog.hakozu.me

弦、打楽器とチェレスタのための音楽を聴く

まず、チェレスタは打楽器に分類されるのですね。鍵盤楽器だとばかり思っていました。
チェレスタの独特の音色と響きの広さは、スピーカーとイヤホンを選ぶなと、ふと思ったので小澤征爾 さん指揮、ボストン交響楽団のバルトーク「組曲 [中国の不思議な役人]」を聴ながら書きます。

最近は低音をつくるスピーカーへの興味が薄れてしまいました。
僕が CD ラジカセを手に入れたころはサラウンド、重低音ばかりだったので、素直に良い音というものはこういうことなのだろうと思っていました。
稼ぐ様になって徐々にいろいろな音に触れる機会がありますが、そこで一つ選択肢として挙がったものがボーズでした。刷りこまれたものが低音だったことは影響していますね。
気持ちの良い音づくりはしていると思うので、これはこれで良いと思います。ただ、音が詰め込まれた感は非常にありました。「ギュッ」としている感じがします。
その後はパイオニアやヤマハ等を試しましたが、どのメーカーも選択次第では悪くはありません。

気になり始めた最初、スピーカーをそう取っ換えするワケにもいきませんので、まずは iPod を入手してイヤホンを選別する、自然な流れでした。
いろいろなイヤホンを試しましたが、数年を経て現時点では Ultimate Ears SuperFi 5vi に落ち着いています。
いわゆる「ドンシャリ」が好きな方には評価は高くありません。
音の表現は難しいのですが、TripleFi 10 よりもあっさりとした音、中高音域に特に良さがあります。それぞれが上品に鳴っている感じがします。

以前の記事の下の方でも触れましたが、今、気に入っているスピーカーが TIMEDOMAIN light です。
本当は yoshii9 を欲しいのですが、まだそこまでは…、315,000 円。
TIMEDOMAIN light、音が耳にくっついてくると言いますか、すぐそこで音が鳴っている様に感じられます。自然で気持ちがよいですね。
18,900 円、まずは試していただきたい製品です。Mac の横に置くには少々高価かもしれませんが、最近ほかのスピーカーの出番が無いくらいです。

チェレスタの話題はどこかにいってしまいましたが、僕がチェレスタの音を知ったきっかけはどこかの店頭で触れたヤマハ SY99 でした。
それまでチェレスタという楽器の存在を知りませんでした。
僕がその後入手したものが SY35 だったのですが、別売りのカードに含まれていたチェレスタの音がとても良かったことを覚えています。
そういえば、あのころ僕が欲しかったキーボードは小田和正 さんが弾いていた KX88 でした。

やはり、ほぼチェレスタの話では無かったとは思いますが、こんな話です。
「組曲 [中国の不思議な役人]」のチェレスタの役割は打楽器ですね。

このごろ少し

プリンターの記事等、多く読んでいただいている様なので小さくもお役に立てればと思っているのですが、狭い方、狭い方に向かっていますね…。

関連しそうな商品

  • 組曲 中国の不思議な役人 – バルトーク – 小澤征爾 / ボストン交響楽団 (iTunes Sore | Amazon)
  • TIMEDOMAIN light

関連しそうな記事

コメント