blog.hakozu.me

公開した記事のツイートプラグイン WordTwit Pro を導入 [WordPress]

当サイトの記事を公開した際には、プラグイン WordTwit にてツイート、Twitter のタイムラインに表示させていたのですが、Pro が公開されたので早速導入しました。

WordTwit Pro スクリーンショット

ツイートという本来の目的を考えればそのままでも問題はありませんでしたが、同社 (BraveNewCode Inc.) より公開されている WPtouch Pro の現状を考えると、同様に Pro への移行を促すことは容易に想像できます。
Pro Single が 1 サイトのみのライセンス提供、39 カナダドル、6 月 18 日時点で 3,268 円になります。
新しいプラグインを探して動作を確認する時間と手間を考えると、Pro への移行は悪くはない手段と思います。
MU に対応した Pro Unlimited も用意されています。

可能なことは WordTwit Pro のページに比較表としてまとめられています。
サポートをそれほどに必要とするプラグインでは無いでしょうから、フリーのものとは違う点が導入の検討材料となるでしょう。

  • 柔軟性のあるウィジェット (上部スクリーンショット参照) を利用可能
  • 複数の Twitter アカウントでの利用が可能
  • ほかのユーザーへの複数の Twitter アカウント (編集者と著者) を推奨可能
  • 任意のハッシュタグを使用可能
  • ツイートのスケジュール設定が可能 (xx 分後という設定になります)
  • リツイートのスケジュール設定が可能
  • ツイートログの閲覧が可能
  • 任意のツイート設定が可能
  • bit.ly 等の URL 短縮サービスを利用可能、YOURLS を追加
  • UI にスペイン語、ドイツ語、フランス語、オランダ語、ノルウェー語、ポルトガル語、イタリア語、中国語、日本語を利用可能 (WPtouch 同様に少々怪しい日本語ですが…)

[オプション] 画面に用意されているツイート時の変数は以下の通りです。また、カスタムアプリケーションの設定も可能です。

  • [post_type]
  • [link]
  • [title]
  • [full_author]
  • [short_author]
  • [hashtag]

[トラッキング] 画面では UTM トラッキングタグ (Urchin) の追加ができます。

補足ですが、ライセンスは BNC 側のサーバーにて認証されますので、テスト環境からの移行や URL の変更時は Licence Recovery Tool を利用します。その際、PayPal の 取引 ID が必要となります。

個人のブログ用途としては上記の機能がすべて必要ということにはならないと思いますが、定評のあるプラグインですので、検討対象となるのではないでしょうか。

関連しそうな商品

関連しそうな記事

コメント