blog.hakozu.me

ジャケ買いから 20 年、角松敏生 さんの音楽と僕

角松敏生「ALL IS VANITY」

今回は、全くの回顧録です。

発売の 1991 年は 13 歳ですから、中学 1 年生ですね。田舎のレコード店 (CD 店 ?) で「ALL IS VANITY」のジャケットに出会ってしまったことで 20 年近く角松敏生 さんの音楽を聴くことになったワケです。
小遣いは覚えていませんが、1 カ月分かもっとか、そのころは一つのアルバムを購入するということに対して相応の覚悟が必要でした。今は iTunes Store でジャケ買いはしないですもんね。
このジャケ買いは功を奏したと、その後を考えると思います。

まず、何がそうさせたかということを振り返ると、あのころはバンド全盛期だったのですね (恐らく)
僕はそこにあまり興味が無く、FM 仙台か、聞こえてきたジャズに興味を持っていました。
そんな時、たまたまジャケ買いをした「ALL IS VANITY」がはまりました。
後からだんだんと分かってくるのですが、参加ミュージシャンが日本人だけでも村上 “ポンタ” 秀一 さん、故 青木智仁 さん、佐藤博 さん、鈴木茂 さん、本田雅人 さんと、それはそれは。
Joe Sample、Larry Carlton、Jerry Hey、Kirk Whalum です、それに加え。
今でも僕の中での最高のアルバムです。ちなみに 2 年後にリマスタリングをして再発売をしています (この変態さも好きです (失礼 !))
音楽を辞めようと思ったのもこの人たちのせい (笑) 自分のせいですけれどね。

この後「君をこえる日」というアルバムを発表して「活動凍結」ということになります。
「凍結」と言いつつも AGAHARTA として長野五輪で「WA になって踊ろう」を歌っていたりと、聴きたい側はやきもきとしていました。
確か、たまたま立ち寄った今のヤマハミュージック東北 仙台店で AGAHARTA の「総武 TRAIN」を聴いて、またここでも小遣いとアルバイト代をはたいてインディーズ版 2 枚を購入しました。罪な人です。
宮城県民会館にも行きました。あんなに空っぽなあの場所は初めてでしたが…。

さて、1999 年に活動を解凍しますが、その間にファンは勝手に盛り上がっていました。ユニマットの CM は、ま…。

「解凍」の日、日本武道館には行けなかったのですが、その後、東京都内に住む様になって中野サンプラザに行きました。
「TIME TUNNEL」ツアーは何回行ったかな。

その後「INCARNATIO」で離れていった方はいると思いますが、なんだかんだ言っても好きですから、ひいき目と個人的に沖縄音楽が好きなこと、この後を考えると楽しみはまだあったのになと思うこともあります。
「Summer 4 Rhythm」で路線を戻すのですが、アルバムは自体は好きです。ただ、本当に戻した感がありました。
好きな前提で言いますが「Fankacoustics」は少々、冗長。
「THE PAST & THEN」は「Sea Breeze」よりも聴かないかも知れない。
「Prayer」は好き。

省略してここまで 10 作、「NO TURNS」が好きですね、ほか、曲では圧倒的に「How is it ?」

最後に、BLUE NOTE TOKYO でのバースデーライブは良かったですね、あの距離感はたまらないものがありました。

関連しそうな商品

関連しそうな記事

コメント