blog.hakozu.me

サンシャイン水族館に行ってきました

サンシャインアクアリング

サンシャインアクアリング

以前から子供と約束をしていたので、仕事とのかねあいを考慮しつつ月曜日にサンシャイン水族館に行ってきました。
井の頭自然文化園にある水生物館を除けば、沖縄美ら海水族館以来、水族館は 2 年ぶりです。

サンシャイン水族館は 2011 年、今年 8 月に “天空のオアシス” をコンセプトにリニューアルされました。
一通り見た感想としては、子供が飽きない程度の広さ、展示内容です。
月曜日なのでそれほど混雑はしていませんが、同じ様な年ごろの子供連れた方々を多く見かけます。

サンシャインラグーン

サンシャインラグーン

子連れという観点から考えますと、珍しい生物が飼育されているワケではありませんし、全体的に大人向けの雰囲気がつくり出されています。
それでも子供が見やすい様にも配慮はされていますので、混雑時でなければ問題なく見られるでしょう (水槽の前にある段差は上っても良いのでしょうか ?)
写真を撮影している小学生を多く見かけましたが、課題か何かでしょうか。

国内初のクラゲトンネル「ふわりうむ」は、トンネルと言うよりもアーチ状のゲートという程度の短さで、少々「アレ ?」という感じですが、幻想的な雰囲気ではあります。
子供は 3 つあるイカの水槽にくぎ付けになっていました。体が透明なことに驚いていた様です。
僕はバイカルアザラシの水槽にくぎ付けです。擬氷を浮かべた見せ方に今までのアザラシの水槽にはない面白み、現実味があります。

ふわりうむ

ふわりうむ

サンシャインアクアリングのある屋外、マリンガーデンは風の通りがよくこの季節は寒いので、防寒対策をしっかりとすることをお勧めします。
また昼食の際、カフェ ラグーンをお考えの場合も屋内の座席が多くはありませんので、同様の対策が必要です。
平日で屋内に座席を確保することが難しい状況を考えますと、休日はなおさらでしょう。
入場券での再入場が可能ですので、専門店街アルパ等で昼食を取ることも可能ですし、ゲストルームがありますので、食事を持参しても良いですね。

淡水魚の展示も海水魚と比較して見劣りせず、しっかりとデザインがされている水族館です。
限られた広さの中で十分に楽しめる展示となっていると思いますので、サンシャイン国際水族館という名称のころに行った大人の方も是非、訪れてみてください。

混雑状況は Twitter にてツイートされていますので、参考にされると良いでしょう。

サンシャイン水族館 (Twitter)

また、サンシャイン水族館の iPhone、Android アプリは以下よりダウンロードをすることができます。

サンシャイン水族館アプリ

今回は隣にあるコニカミノルタ プラネタリウム 満天にも行きましたが、子供はこちらの方が興味深かった様子でした (笑)
併せて 4 〜 5 時間は遊べますね。

関連しそうな商品

関連しそうな記事

コメント