blog.hakozu.me

au 解約時の注意点と解約後の INFOBAR A01 にできること

INFOBAR A01 から iPhone 5 への機種変更を考えていたのですが、通話中にメールの送信をすることがあるので、ソフトバンクモバイルにて契約中の iPhone 4 から 5 への機種変更となり、164 カ月間も契約をしていた au を解約としました。
今は長期間の契約をしていても、料金面での利点がありませんので、その点は気にはなりません。
契約時は日本移動通信でしたね。
いずれにせよ、2 台、持っていることが面倒になったことが最大の要因です。

※以下は、それぞれ使用ができることを保証するものではありません。またご使用により料金の発生があった場合、責任を負いかねますので、ご注意願います

解約手続き

いたって簡単で、必要書類に記入し、説明を受け、10 分程度になります。
最近では SIM カードの回収は行われていないとのことで、担当者が一切端末に触れることなく完了となります。
これまで解約の経験が無く、必要なもののバックアップ後、律義に (?) 端末のオールリセットを行ったことがこの後、多少の問題を引き起こすことになります。
オールリセット時にダウンロード済みのアプリが消去されますので、3G 回線で au ID を認証時に必要とするものは使用ができないことになります。
ケータイアップデート、au one Market 経由でダウンロードをしたアプリ、テーマの再ダウンロードが不可となります。
よって、整理を行ってから持ち込むと良いでしょう (考えてみれば分かることですね…)

解約前に行うべきこと

  1. ケータイアップデートを済ませておきましょう
  2. iida ブランドのアプリは必要であれば、ダウンロードを行っておきましょう (オールリセット後は、テーマは Metal のみとなり、以前に記事とした Task Cleaner も削除対象となります)

参考までに、オールリセットは以下の手順にて可能です。

[設定] – [プライバシー] – [オールリセット]

Wi-Fi の使用

オールリセットさえ行わなければ、これまでの設定で同様に使用可能になります。
オールリセット後も再設定を行うことで Wi-Fi 接続が可能です。
機種によっては解約後に使用ができなくなるものもある様ですが、手元の INFOBAR A01 に関しては何ら問題はみられませんでした。

ワンセグの視聴

契約中にワンセグの視聴経験がほぼありませんが、解約から約 3 週間を過ぎた今でもこちらも問題なく、視聴が可能となっています。
調べると視聴不可という情報が多々ありますが、仕様が変わったのか、この機種特有のものなのかは分かりません。

僕の場合は Wi-Fi さえ使用が可能であれば、確認端末としては十分なので、特に不足はありません。
ちなみに機種変更後の iPhone 4 は 050 plus や Sleep Cycle、子供のゲーム用として使われています。
INFOBAR A01 を 050 plus 用としてしまっても良いのかもしれません。

持ち歩く端末が 1 つ減りましたが、Kindle Paperwhite に心引かれています。

関連しそうな商品

関連しそうな記事

コメント