blog.hakozu.me

Parallels Desktop で Windows 10 Technical Preview を試す [Mac]

Windows 10 Technical Preview

Windows 10 Technical Preview のダウンロードが開始されましたが、インストール初期段階で少しつまずいたので、メモになります。

1. Parallels Desktop のアップデート

まず、Prallels Desktop が最新バージョンでない場合はインストールに少し手間がかかりますので、バージョン 10.0.2 (27712) にアップデートをします。
もし、何らかの理由でアップデートを見送らなくてはいけない場合は、以下が参考になります。

How to install Windows 10 Technical Preview in Parallels Desktop 10 ?

2. Windows 10 Technical Preview のダウンロード

次に Windows 10 Technical Preview をダウンロードします。
Mac からのダウンロードはできない様ですので、Parallels Desktop で使用をしている他の Windows より行い、Mac にて読み込める場所に移動をします。

Windows Technical Preview

3. Windows 10 Technical Preview のインストール

[ファイル] – [新規…] より Prallels ウィザードを開き [DVD / イメージファイルから Windows / その他の OS をインストール] を選択し [続行] をクリックします。

次画面にてダウンロード済みの WindowsTechnicalPreview-x64-EN-US.iso を指定された箇所にドラッグ後「OS を検出できません」と表示されますが、構わずに [続行] をクリックし [その他の Windows] を選択します。

Parallels Desktop スクリーンショット

名前と場所の設定後、Windows のインストーラーが起動しますので、指示に沿って進みます。
途中、設定の引き継ぎに Windows 8 がある場合、こちらを選択すると新しいスタート メニューでなく Metro UI が表示されますので、設定の変更が必要になります。

4. Parallels Tools のインストール

Windows のインストールのみでは使い勝手が悪く、ドライバーの問題もありますので、Parallels Tools もインストールします。
[Parallels Tootls の再インストール] が表示されていないと思いますので、以下の場所にある prl-tools-win.iso を [デバイス] – [CD / DVD] – [イメージの接続…] から読み込みます。

prl-tools-win.iso の場所

アプリケーション: Parallels Desktop: Contents: Resources: Tools

Parallels Desktop スクリーンショット

第一印象としては Windows 7、8.1 の良い部分をうまく組み合わせたのではないかと思います。
仕事柄、確認用に Windows は XP から 8.1、経理用に 7 を使用していますが、この経理用は 8.1 を飛ばして 10 への移行となりそうです。それにしても 8.1 は迷走を感じる OS です。
好印象ですので、今後に期待ができそうな現時点での仕上がりではないでしょうか。

関連しそうな商品

関連しそうな記事

コメント