blog.hakozu.me

アーカイブ
タグ "PowerShot S100"
山伏オートキャンプ場 サイト 8 付近

山伏オートキャンプ場 サイト 8 付近
(PowerShot S100 | Av | 評価測光 | ISO320 | 1/125 | F4.5)

9 月二度目の三連休、相変わらず頻度を増やせないキャンプですが、ブログに書いた中では、前回前々回の混合メンツにて山伏オートキャンプ場に行ってきました。
こうして人がつながっていくことは楽しいですね。

さて、山伏オートキャンプ場、記憶があやふやですが、7 年前かな ? 一度来ています。
場内の橋が木製だった様な気がしますが、金属製に変わったのでしょうか。
サイト 51 から 56 に入る斜面も緩やかになった様な…。
道志村にあるキャンプ場では山中湖にかなり近いこともあり、クルマの通りはそれほど多くは無いでしょう。

続きを読む…
焼きりんご (PowerShot S100 | Av | 評価測光 | ISO80 | 1/80 | F2.0)

焼きりんご (PowerShot S100 | Av | 評価測光 | ISO80 | 1/80 | F2.0)

2 日目のはじめに菱野温泉 常盤館にまず向かった僕らは、風呂上がりのビールを飲みたい一心であさまの森オートキャンプ場に戻り、飲みながら年に一度の「焼きりんご 大サービス !」に顔を出します。かなりの人数が集まったのではないでしょうか。

当日の様子はこちらになります。さらりと僕も写っていますね。

焚き火だー♪焚き火だー♪アップルップル~♪

焼きりんごと焼きりんごを使ったアップルパイの作り方をオーナーに教えてもらい、実際に作ります。
焼きりんごに向く種類、炭火の落ち着かせ方等、参考になりました。

続きを読む…
あさまの森オートキャンプ場 (PowerShot S100 | Av | 評価測光 | ISO80 | 15" | F2.0 | +1)

あさまの森オートキャンプ場 (PowerShot S100 | Av | 評価測光 | ISO80 | 15″ | F2.0 | +1)

どうもバタバタとしていまして、定期的にキャンプに行けない状況が続いていますが、友人夫妻とあさまの森オートキャンプ場に行ってきました。
本来は妻子も同行のはずでしたが、二人とも発熱により断念となりました (罪悪感は感じましたが、送り出してもらえましたので…)

以前から好きな雰囲気だろうと思っていたので、気にはなっていたのですが、ようやく今回、行くことができました。
手軽な中央自動車道方面に足が向いてしまい、上信越自動車道方面に行く機会がなかなか無いことも要因です。

続きを読む…

テラス ロゴマーク

2012 年 6 月に開店の宮崎県都城市にあるテラス行ってきました。初めての宮崎県訪問です。
店主は、僕が良く行くイタリアン バール タッチョモ (杉並区) の料理担当として働いていた頃からのつきあいですので、もう、何年でしょう。

形態は、基本的にイタリアン バールになります。
彼が日本料理にも関わっていたことがあり、また土地柄、焼酎の「霧島」は置かなくてはいけないということで、その 2 つの料理をうまく組み合わせていますね。
ワインも相応の数をとりそろえていますので、人数が多くとも選択肢に困ることはないでしょう。

続きを読む…
Av | 評価測光 | ISO800 | 1/25 | F2.0

Av | 評価測光 | ISO800 | 1/25 | F2.0

※画像はすべて RAW データを Lightroom 3 に読み込み後、処理を行っています

昨日に引き続き、PowerShot S100 の話題になります。
前回の記事、新宿方面の写真を見る限りでは相応にノイズが見られるのですが、PowerShot S95 と比較をすれば、かなりきめ細やかになりました。
細かくなった分、白っぽくなることが少なくなり、良いですね。

今回はそんなノイズの部分も含め、多用されると思われる夜間の屋内撮影に関してになります。

続きを読む…
神宮外苑花火大会 (Tv | 評価測光 | ISO80 | 15" | F8.0)

神宮外苑花火大会 (Tv | 評価測光 | ISO80 | 15" | F8.0)

※画像はすべて RAW データを Lightroom 3 に読み込み後、処理を行っています

しばらく前からキヤノン PowerShot S100 を使用し始めました。
PowerShot S95 からの移行ですが、手に触れる質感、性能も「+5」の差とは思えない仕上がりではないでしょうか。

PowerShot S95 を使用していたころを考えると、平日の日中は仕事上のメモとして撮影をすることが多く、夜間の出番が主なので、変わらない F2.0 のレンズと新しい DIGIC 5 の組み合わせは、やはり重宝をします。

続きを読む…