エンブックス ウェブサイトリニューアルと WordPress プラグイン

エンブックス ウェブサイト
連絡を頂いて、上島珈琲店 高円寺北口店で話をしたのは昨年の夏でした。
合間、合間で少しずつ進めてきたのですが、ちょうど最初の絵本「こわくないもん」が発売されてから 1 年、4 月 20 日の公開となりました。
ペーパーバック絵本のレーベル エンブックス主宰の西川 さんとはもう数年前に高円寺にあるバール タッチョモにて出会ったのですが、これも「エン」ですね。
事情もあり、今回は初の試みでしたが、既存のテーマを使用しています。
Wpshower よりライセンス「GNU/GPL Version 2 or later」にて公開がされている Sight というテーマになります。
後々気がつくことになるのですが、最初から自分で構築をした方がラクですね (笑)
特に難しいことはしていませんが、通常はテンプレートで切り替えるサイドバーを絵本の冊数が増えることを想定し、僕でなくとも切り替えられる様に TS Custom Widgets を使用しています。
お世辞にも分かりやすいプラグインとは言えませんが、都度の作業を依頼しなくてはならないよりも即効性という部分での選択になります。
ただ、冊数が増えた際の動作速度が気にはなりますので、今後の検討材料ではあるでしょう。
絵本作家のご紹介」の各作家のギャラリー部分には NextGEN Gallery というプラグインを使用しています。
これはとても分かりやすいプラグインで、個々のギャラリーを登録、記事としての公開、ショートコードにて任意の部分に挿入をすることも可能です。
EC 部分にはプラグイン Welcart e-Commerce を使用しています。
ウェブサイト全体が EC サイトの場合は良いのですが、そのほかの要素がある場合は、構成が若干複雑になってしまう嫌いはあります。
ただ、WordPress の使用を前提に、ある程度手軽に EC サイトを構築されるのであれば、魅力的なプラグインです。
あらかじめ決済代行会社との接続に対応をされている点も良いですね。
以下は今回、使用をしたプラグイン一覧になります (標準のものを除く)
使用するものが定番化してきているので、メモ。

5 月 6 日まで「ニコニコしょうてんがい」の絵本原画展が開催されていますので、興味を持たれた方は、是非足をお運びください。

関連しそうな商品

関連する記事

公開した記事のツイートプラグイン WordTwit Pro を導入... 当サイトの記事を公開した際には、プラグイン WordTwit にてツイート、Twitter のタイムラインに表示させていたのですが、Pro が公開されたので早速導入しました。 ツイートという本来の目的を考えればそのままでも問題はありませんでしたが、同社 (BraveNewCode Inc.) より...
ソーシャルサービスのボタンの追加 (Twitter)... 前記事に引き続きソーシャルサービスのボタンを追加します。 Twitter 公式のボタンでも良いのですが、 今回はより詳細な設定が可能な WP Tweet Button (When minds collide) を使用します。Twitter の公式ボタンを使用しつつ、ツイートする際の表示変更、「via...
INFOBAR A01 への機種変更と UI 昨年の 12 月、MEDIASKIN に機種を変更したのですが、料理の最中に誤って水没させ、必要に迫られたので au ショップに向かいました。 800 MHz 帯周波数再編のこともありますので、気に入ってはいましたが仕方がありません。 800 MHz 帯の周波数再編に伴う「CDMA 1X」などのサ...
class-simplepie.php を使用したアメーバブログの RSS フィード取得、PR の削... 当記事は「アメーバブログの RSS フィードを取得、PR の削除、記事内容の抜粋をする 」のサンプルになります。 ここでは交流のある、ペーパーバック絵本レーベル エンブックス さんのブログの RSS フィードを取得しています。 記事が存在しないか、または何らかの不具合が発生している可能性がありま...
東日本大震災における寄付という行為を 5 歳児に考えてもらう... ZOZOTOWN チャリティー T シャツが届きました。 日本赤十字社経由でも寄付を行ったのですが、ものが一つあると子供に寄付という行為が分かりやすいかなという理由もあり、いち早く支援を表明した ZOZOTOWN (株式会社スタートトゥデイ) を選択しました。 先月、僕が被災地である亘理郡山元町に...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です