入院 46 日目〜ローファットミルク

記録によれば、今日の夕食で 23 度目の牛乳の提供が行われたことになる。2 日に 1 度。
そのうち大半を占めるものが、常温保存可能のローファットミルク。
目の前に 4 本、それ以外は妻が持ってきてくれる着替えと引き換えに既に自宅へと運ばれた。コーヒーに使っているらしい。

このローファットミルクを日本で初めて発売した会社が目の前に並んでいる「タカナシ」の文字、タカナシ乳業。1976 年のことなので、僕が生まれる前。
会社としては、1984 年にハーゲンダッツアイスクリームの製造開始、2000 年には日本初の認証有機牛乳発売と興味深い。
スーパーで見かける数は多くはないけれど (単純に相対的な問題か) 牛乳だけでなく、手に取ったことがあるのではないかと思う。おいしいものもあるし。

病院で出されるローファットミルクは、ウェブサイトにある業務用専用商品よりも成分、栄養成分ともに抑えられている。特に乳脂肪分、脂質が他よりさらに低い割合。
無脂乳固形分は 10.0 % から 9.0 %、乳脂肪分は 1.5 % から 1.0 %。

栄養成分表示 (1 本 (200 ml) 当たり)

業務用専用商品 該当商品
エネルギー 105 kcal 86 kcal
たんぱく質 7.7 g 6.8 g
脂質 3.1 g 1.9 g
炭水化物 11.6 g 10.5 g
ナトリウム 119 mg
食塩相当量 0.2 g
カルシウム 258 mg 228 mg

これは一部の場所、用途特有もので、調整がされているのかもしれないし、脂質とビタミン B2 との兼ね合いのためかもなどと勉強会の記憶も引っ張り出すも、今の段階で僕の怪しげな知識は不要。
そもそも「病院用」とは書かないし、パッケージデザインでの分別の可能性もなどと考えた結果、パッケージも内容も同じものが見つかる「LLBP ローファットミルク

最初から業務用専用商品の認識を持ってしまったのが良くない。
リポートとしては役に立たない結果となったが、違いが気になるところではある。

今日の行程他は、以下。

  • 検温
  • 血圧測定

2.8 km、4,722 歩、上った階数 26 階。

朝食

  • 白飯
  • スクランブルエッグ
  • みそ汁
  • ひじきの煮物
  • 梅干し

昼食

  • 白飯
  • マーボー豆腐
  • ギョーザ
  • キュウリの酢の物

夕食

  • ハヤシライス
  • トマトサラダ
  • 牛乳