当記事は 2012 年 3 月 15 日に投稿されました。内容が現状と相違がある点等にご注意願います。
現在、2011 年以前のリンク、2014 年以前の画像の一部、スクリーンショットは表示されません。ご了承ください。

発売前のウィルキンソン ジンジャーエールをいただいたので、試す

発売前のウィルキンソン ジンジャーエールをいただいたので、試す

「100 年、タンサン。」ウィルキンソンの Facebook ページでのキャンペーンにて、発売前のペットボトル入りウィルキンソン ジンジャーエールをいただいたので、早速、試した。
ステキな化粧箱に入って届いた、ステッカー付き。

アサヒ飲料 さん、ありがとうございます。

発売前のウィルキンソン ジンジャーエールをいただいたので、試す (2)

感想を率直に言うと、ウィルキンソン ジンジャーエール ! これを待っていた、この味、辛さ。
昨年に発売されたウィルキンソン ジンジャーエール 辛口は、期待をしていたものとは違い、少々肩すかしを食らった印象で、甘味料にウィルキンソンらしさがない感じだった。
以下は 2 つの原材料名。

新商品 ウィルキンソン ジンジャーエール

  • 果糖ぶどう糖
  • 酸味料
  • 香料
  • カラメル色素

ウィルキンソン ジンジャーエール 辛口

  • 食物繊維 (難消化性デキストリン)
  • 酸味料
  • 香料
  • カラメル色素
  • 甘味料 (アセスルファムK、スクラロース、ステビア)

まさしく、今までお酒を割ってきた瓶のジンジャーエールと同じ。
瓶のものがなかなか入手しづらい状況にあった方には朗報でしょう。
酒は手元にあるけれど、割るものがない場合にコンビニに行けば売っていると思うと幸せ。
人数が集まる様な場所に置いておけば、瓶の 190 ml よりかなり多いので、場所を取らずに各人が自由に割ることもできる。
キャンプにも持って行けそう。帰路、ごみを乗せてくることを考えるとかさばらないので良い。
夜更けの仕事にもこの辛さは良いかもしれない。

また、よく見かけるジンジャーエールでお酒を割っていた方には一度試していただきたい。
このウィルキンソン ジンジャーエールは 2012 年 3 月 27 日 (火) 発売になる。

ページの先頭へ