ウェブカメラを隠して盗撮防止に役立つ Nope が届いたので試す [Kickstarter]

11 月 19 日に Kickstarter で無事に「Funded!」となった Nope がクリスマスイブに届いたので、早速、試してみました。

Nope は 2 つの磁石を用いて、Mac、PC、iPad 等のカメラ部分を隠すためのものです。
隠してしまうとはいえ、円形の磁石なので、片方をずらすだけでカメラが使えます。
ネットワークにつながっている以上は悪意のある他人がカメラを通してこちら側を見ることも考えられますし、少しでもそういったことを簡単なことで回避できるなら良いですよね。

さて、送料を考えれば当然なのですが、本当にこぢんまりとした封筒がイリノイ州から送られてきました。
10 ドルの「Rewards」を選択していたので、全部で 6 組、Nope が 4 組、Nope Mini が 2 組に粘着材になります。
ほかに Nope Micro という最小のものもあります。

開封をしてまず驚くのが磁力ですね。バラバラにしようと置いてみるものの勢いよくくっついていきます。
磁石に弱い何らかがある場合は、必ず離れて試された方が良いでしょう。小さいながらも侮れません。
大きさは以下の写真をご覧ください。
右が Nope の片方、左が Nope のもう片方と Nope Mini になります。

最上部の写真は MacBook Air に Nope、以下は Apple Thunderbolt Display に Nope を付けたものになります。
Apple Thunderbolt Display は対応製品には含まれていない様なのですが、横に並べた場合に少々不安定な程度でこの並びであれば問題なく使えそうです。
「クルクル」とするにはコツが必要ではあります。

据え置きの Apple Thunderbolt Display、iPad のカメラが使用時以外はふさがれているというのは、ふさいでみて分かる安心感の様なものがありますね。
こういった気の利く小物が好きなのでおすすめをしたいところなのですが、Nope Mini 2 つ (1 組) が、何度かくっつくうちに割れてしまいました。
磁力と耐久性か運送時の問題でしょうか。この点に関しては、本体やディスプレーを傷つける恐れもあるので、今後の改善を望みたいところです。

手回し充電機能付 USB ポータブル電源 BoostTurbine 2000 を試す

BoostTurbine 2000 は手回し充電機能付 USB ポータブル電源です。

秋のキャンプでは電波範囲の境目か、目に見える様に充電が 0% に近づいていき 1 日も持たない状態でした。
これまでは eneloop portable solor「ポータブルソーラー」のみだったのですが、林間サイトであったり、天候状況次第では効率的な発電が望めませんでした。

そこで、満充電時で iPhone 1 回充電可能で、必要な際には手回し充電可能なこの製品を購入しました。
まず、持ってみると大きさの割には軽い印象 (198 g) です。これはハンドル部分があるためだと思いますが、普段に持ち歩いても気にならないのではないでしょうか。
ただ、厚みがあるので、僕が打ち合わせに出かける際のバッグに入れたいかと言われると躊躇をする大きさではあります。
通常時はポータブル充電器を持ち歩いているので、アウトドア、緊急時として割り切って使用をしています。
底面とハンドルはプラスチックの様ですが、その他はアルミニウムでしっかりとした外装となっています。

出力は 2 枚目の写真左側 USB ポートのみとなり、左側のマイクロ USB ポートは充電用になります。
1 分間の手回しで通話を約 4 分間、または短いテキストメールの送受信等が可能になります。
開封時は充電がされていないので、手回し充電を試しましたが、確かにその位は使えそうです。
推奨回転速度は 2 回転 / 秒となっており慌ただしい様ですが、ハンドル位置のバランスが良いのか、特に不安定になることもなく「ウィンウィン」回せると思います。
最初の充電器としては難しい選択肢かとは思いますが、緊急時に 1 つ持っていると役立つかもしれません。
来年もアウトドアでは力を発揮してくれそうです。

そろそろ Facebook の 2 段階認証の導入

すっかりブログから遠ざかり気味で 1 か月に 1 記事という具合になっていますが、以前からあった Facebook なりすましアカウントからの友達申請が周辺でも最近になってさらに目立ってきているので、メモとして残しておきます。
Facebook の 2 段階認証はしばらく前から実装がされていた様に思うのですが、まだ設定をされていない方も多いかと思います。
なりすまし申請は防げませんが、なりすましの最終目的は僕らのアカウントの様なので、万が一、乗っ取られて被害に遭う前に 2 段階認証の導入をします。
特に会社や店舗等の Facebook ページの開設をしている場合は、仕事にも大きく関わってしまうことがあるかもしれません。

Google の 2 段階認証に関しては以前、こちらの記事で触れましたので、ご参考にどうぞ。
※以下の方法では Mac、または PC、および Facebook アプリを使用可能なスマートフォンが必要になります

1. 携帯電話番号の登録

2 段階認証というくらいなので、パスワード以外に信頼に値するものの設定をしなくてはなりません。それが携帯電話になります。

  1. Mac、または PC のブラウザーより Facebook を開き、右上にある歯車のアイコンをクリックし [アカウント設定] を選択します。
  2. 左側にある [モバイル] を選択します。
  3. そこにある [携帯電話番号を追加] をクリックし、指示に沿って携帯電話番号の入力を完了後、すぐに携帯電話あてに SMS (メッセージ) が届きます。
  4. SMS にある 6 桁の番号を先ほどのページ右側 [確認用コード] に入力をします。

以上で携帯電話が承認済みとなります。

2. ログイン承認の設定 (2 段階認証の設定)

以降の設定は引き続きブラウザーにて行っても構わないのですが、ここでは何かの合間に設定をしたい場合があるかもしれませんので、iOS の Facebook アプリでの設定を取り上げます。
Android アプリ、Mac、PC のブラウザーでも同様の項目にて設定を行います。

  1. Facebook アプリの左上、3 本線のアイコンをタップし [アカウント設定] を選択します。
  2. 次に上から 2 つめの [セキュリティ] を選択します。
  3. そこにある [ログイン承認オン] をタップすることで設定が開始されます。
  4. ここでも「1. 携帯電話番号の登録と同様」に指示に従っていくことで SMS にコードが送られてきます。
    Mac、PC での設定の場合では、後ほど触れる [コードジェネレータ] を確認する様にプッシュ通知があります。
  5. 最後の画面で名前を付ける (例: iPhone 5 (xxxx) 等) ことで次回より、コードの確認なしに利用をすることができます。

以上で設定は終了になります。

3. Mac、PC からのログイン

ここまでの設定で、新たにログインをしようとするブラウザーにはすべてセキュリティコードの要求をすることになります。
仮に同一の Mac 上でもブラウザーが異なればすべて必要になります。
この際、認証済み携帯電話の Facebook アプリよりコードジェネレータを確認する様にプッシュ通知がありますので、そこにある 6 桁の数字を入力します。
もし、携帯電話がつながらない状況にも対応ができる様「ログイン承認コード」が別途、用意されていますので、あらかじめ「2. ログイン承認の設定」で触れた [ログイン承認オン] の下にある [ログイン承認コード] を控えておくと困らないでしょう。
設定をしておくことで、仮に不審なログインがあった場合でもそこで歯止めとなりえるので、おすすめをします。
携帯電話を紛失した場合の対処方法もありますが、酔ってどこかに置いてきたということだけは、2 段階認証が主流になってきて、本当に避けたいものです。

Android での iCloud との連携とメールエイリアスの利用 [Nexus 7]

1 年と少し前に「Android での iCloud メールの設定とエイリアスの利用 [INFOBAR A01]」という記事を書き、かなりの頻度でお読みいただいているのですが、その頃は Android と iCloud の連携に四苦八苦をしていました。

その 1 年と少しの間に、いろいろと便利になり、すっかり問題は改善がされました。

iCoud のメール送受信とメールエイリアスの利用設定

前回は K-9 Mail を使用していましたが、どうにもアイコンになじめず、メールドロイド (リンクは有料の Pro ですが、無料版もあります) に乗り換えました (これも以前のアイコンは少々いただけなかったですが…)

追加方法は特に難しいことはなく、まず、画面の右上にある [アカウントの追加 (○と + のアイコン)] より iCloud のアカウント (メールアドレス) とパスワードを入力し [自動設定] をタップします。以上で完了になりますが、この際、メールエイリアスではログインができませんのでご注意ください。
肝心のメールエイリアスの利用をするためには、アカウント一覧画面にて作成をした iCloud アカウント部分を長押しをします。ポップアップにてメニューが表示をされますので [設定の編集] の選択をします。
ここで表示がされた [電子メール] の部分を任意のメールエイリアスに書き換えるのみで完了になります。カンタンですね。

カレンダーとの連携

INFOBAR A01 では Android OS 2.x でしたので、いろいろとかなわないことがありましたが、Nexus 7 は現時点で 4.2.2 ですので、選択肢が広がります。
前回は iCloud のメールのみでしたが、今回は「カレンダー」「連絡先」との連携も可能になりました。
有料ではありますが「SmoothSync for Cloud Calendar」の使用をします。
iCloud アカウントの入力をするのみの親切設計で、この便利さには感謝ですね。
余談ですが「iCal」の名称がいつからか「カレンダー」に変わっていましたね。

連絡先との連携

SmoothSync for Cloud Calendar の連携と同じ作者の「SmoothSync for Cloud Contacts」の使用をします。
こちらも有料にはなりますが、方法の模索をするよりもあっさりと委ねてしまった方が利点はあるのではないかと思います。
現状では同期をしたことによる不具合は無く昨年に困っていたことがうそのようです (最悪の場合は Time Machine におねがい)
Mac ユーザーのタブレットの選択肢が iPad のみだったとは思いませんが、データの連携に幅が出てきたことで、いっそう使いやすくなってきましたね。

Nexus 7 は iPad の代わりになるのか ? 用途を考える

ひょんなことから Nexus 7 をいただきました。
INFOBAR A01 以来の Android になります。

タブレットは現在、初代の iPad があるのですが、発売から数年を経過し、妻子の Hulu 視聴、ゲーム用にほぼなりつつあり「新しい iPad」を考えていたので、思いがけずうれしい悩みとなりました。
やはり、手軽にものごとを確認、処理ができるという点では、タブレットは手放せません。
ただ、計画的に購入をしたものではないのですし、iPad からそのまま置き換えるということが可能かどうかも分かりませんので、まずは iPad に近づけることを考えて設定を行いました。
基本的な用途は自宅内を想定しています。

Nexus 7 は iPad の代わりになるのか ?

結論は、アプリ次第ですね。
最初に一つだけ言いますと「僕」ということを考えれば下記の通りなのですが「子供」を考えて操作性、教育分野のアプリ数と質を重視するならば iPad をお勧めします。

特に操作性に関しては Android バージョン 4.2.2 になっても、一つ、操作が多い印象があります。
さて、日常的に外せないアプリは iPhone にインストールされているので、ある程度は Nexus 7 で代用が利きそうです。
ウェブサービス関連のアプリはほぼ同様ですので、新たに考えなくてならないものは、iCloud と同期をするためのアプリとメールエイリアスを利用するための「MailDroid」くらいでした。
INFOBAR A01 のころに苦労をし、懸念点であった iCloud との連携も問題なく行えましたので、これに関しては次の記事で触れたいと思います。

残すは OmniFocus があれば良いのですが…。
その他、使いたいアプリはあるにはあるのですが、iOS と Andoroid の決定的な違いは、アイコンのデザインがいまひとつなものが多いということではないでしょうか。ここは使い続けることを考えると気分的に大きな問題です。
「ウィズダム」「大辞林」は考えていたものとは違ったので見送りました。

僕の様な基本的な機能、およびウェブサービス中心の用途、自宅内に限っては iPad の置き換えが可能かとは思いますが、新たに発生するアプリの費用との兼ね合いは大切ですね (今回は端末がタダですので…)
いずれにせよ、どちらの OS でも、最終的には必要なアプリが提供をされているかどうかという点が重要になることは間違いなさそうです。

ハードウエアの面ですが、大きさは iPad よりも取り回しがしやすく良いと思います。
7 インチという大きさには懐疑的だったのですが、上記の使い方であれば必要十分でしょう。
ただ、寝そべりながら Hulu を見る、映画を見るという用途にはあまり向いていないと思います。画面の大きさはありますが、スピーカーの位置が縦位置の際の下部、横位置の際は左右どちらかのため、少々、気持ち悪く聞こえます。
iPad との価格差を考えると、いたしかたのないことではあります。

以下、iPad mini や多彩な Android タブレットがありますので、ハードウエアの面は考えずにまとめます。

  • Mac というよりも iCloud を主に利用をされているのであれば、アプリの費用面を考えると iPad
  • iPhone を主に使用をされているのであれば、アプリが共有可能な点を考えると iPad、同様に Android スマートフォンを主に使用されているのであれば Android タブレット
  • 前述の様に、子供を考慮するならば iPad
  • マルチアカウントが必要であれば Android タブレット
  • カスタマイズを楽しむのであれば Android タブレット
  • インプットメソッドに ATOK を使いたいのであれば Android タブレット (個人的にはかどります)

まとめていて思いましたが、Android のバックアップ方法を調べなくてはいけません。

Nexus 7 は Kindle Paperwhite の代わりになるのか ?

本題からはそれますが、Kindle Paperwhite との比較になります。
Kindle Paperwhite のほぼ唯一の機能、本を読むという点では代わりにはならなさそうです。
e-ink ディスプレイの読みやすさはもちろんですが、大きさ、重さともに「読む」ということとは感覚的に違うと思います。
Nexus 7 が 340 g、Kindle Paperwhite が 213 g になりますが、重さよりも持った際のバランスもありますね。
雑誌等の多色刷りのものを Nexus 7 の Kindle アプリで読むという選択肢は iPad 同様にあります。

いろいろと書きましたが、非常に満足度の高いタブレットです。
動作は評判通り申し分ありませんし、スマートフォンと違い余計なアプリがインストールされていなく、Google が販売をしているだけあって、Android OS そのものの良さを生かしているのではないでしょうか。
しばらくはこのまま使い続けようと思います。100 % ではないにしろ代わりになりそうです。

圏外の場所で 2 段階認証プロセスを利用する Google Authenticator

昨年末辺りから Gmail 等で Google アカウントを乗っ取られたという情報がニュースをにぎわせていることもあり、2 段階認証プロセスという言葉が少しだけ浸透をしてきたのではないでしょうか。
ただ、コードを受け取る方法が基本的に携帯電話のメールアドレスのため、圏外の場合に利用ができないという質問が知人からありましたので、それを可能にする Google Authenticator について、簡単に触れたいと思います。
以下は 2 段階認証プロセスの設定が完了をしていることが前提となります。
2 段階認証プロセスはこちらより設定ができます。
仕組み – Google アカウント ヘルプ Continue reading “圏外の場所で 2 段階認証プロセスを利用する Google Authenticator”

au 解約時の注意点と解約後の INFOBAR A01 にできること

INFOBAR A01 から iPhone 5 への機種変更を考えていたのですが、通話中にメールの送信をすることがあるので、ソフトバンクモバイルにて契約中の iPhone 4 から 5 への機種変更となり、164 カ月間も契約をしていた au を解約としました。
今は長期間の契約をしていても、料金面での利点がありませんので、その点は気にはなりません。
契約時は日本移動通信でしたね。
いずれにせよ、2 台、持っていることが面倒になったことが最大の要因です。
※以下は、それぞれ使用ができることを保証するものではありません。またご使用により料金の発生があった場合、責任を負いかねますので、ご注意願います Continue reading “au 解約時の注意点と解約後の INFOBAR A01 にできること”

Android での iCloud メールの設定とエイリアスの利用 [INFOBAR A01]

追記 (2013.03.21)

Nexus 7 にて改めて iCloud との連携を行いましたので「Android での iCloud との連携とメールエイリアスの利用 [Nexus 7]」をお読みいただければ幸いです。

iCloud のメールにはアカウント以外にメールエイリアスと呼ばれる 3 つのメールアドレスを取得可能な機能があります。
MobileMe のころからこのエイリアスの 1 つを個人用の主なメール手段として使用していたのですが、念のため仕事用の INFOBAR A01 からも送受信が行える様、試します。
iPhone のメールではメール作成時にエイリアスを含め送信元メールアドレスの選択が可能ですが、Android 標準のメールアプリではこれができません。
エイリアスの仕組み上、見えているメールボックスは同一なので送信元メールアドレスの変更さえ可能であれば良く、K-9 Mail という無料のアプリを使用することにしました。 Continue reading “Android での iCloud メールの設定とエイリアスの利用 [INFOBAR A01]”

色の視点を含め、ブルーライトから目を守る PC 専用メガネ JINS PC を試す

JINS PC LIGHT BLUE
先日の運転免許証更新時には裸眼での測定で問題はありませんでしたが、30 歳ころに少しぼやける感じがあり、それ以来、打ち合わせやクルマ、自転車の運転時にはメガネをかける様になりました。
四六時中画面を見ている仕事の影響が少なからずあるでしょうが、疲れ目、ドライアイという症状を意識させられることも多くなりました。
よほど疲れていない限り仕事中は裸眼ですが、まぶしさを感じることもあり、JINS PC を試すことにしました。
JINS PC は LED ディスプレーが多く発するブルーライト (可視光線の中で 380 〜 495 nm の青色光) を軽減することで目の疲れを和らげることを目指したメガネです。 Continue reading “色の視点を含め、ブルーライトから目を守る PC 専用メガネ JINS PC を試す”

INFOBAR A01 と Mac で通信、EasyTether で USB テザリング

INFOBAR A01 EasyTether、MacBook Air
イー・モバイル解約後、打ち合わせ先で特に困ることもなく過ごしていましたが、不意に通信環境が必要となったので、応急処置として INFOBAR A01 に EasyTether を導入しました。
Android 2.2 以降にはテザリング機能が実装されているので、アップデートを期待したいところですが、秋以降のモデルとの差別化が必要と思われるので、半ばあきらめています。
この通信にて発生するパケットが au の定額プランでは本来どの様な扱いであるのかは不明確ですが、調べた限り、現時点では特に問題は無い様です。 Continue reading “INFOBAR A01 と Mac で通信、EasyTether で USB テザリング”