2013 年 12 月 2 日に投稿されました。内容が現状と相違がある点等にご注意願います。
2014 年以前の画像の一部、スクリーンショットは表示されません。ご了承ください。

手回し充電機能付 USB ポータブル電源 BoostTurbine 2000 を試す

BoostTurbine 2000 は手回し充電機能付 USB ポータブル電源。

秋のキャンプでは電波範囲の境目か、目に見える様に充電が 0% に近づいていき 1 日も持たない状態だった。
これまでは eneloop portable solor「ポータブルソーラー」のみだったのだが、林間サイトであったり、天候状況次第では効率的な発電が望めなかった。

そこで、満充電時で iPhone 1 回充電可能で、必要な際には手回し充電可能なこの製品を購入。
まず、持ってみると大きさの割には軽い印象 (198 g) これはハンドル部分があるためだと思うが、普段に持ち歩いても気にならないのではないだろうか。
ただ、厚みがあるので、僕が打ち合わせに出かける際のバッグに入れたいかと言われると躊躇をする大きさではある。
通常時はポータブル充電器を持ち歩いているので、アウトドア、緊急時として割り切って使用をしている。
底面とハンドルはプラスチックの様だが、その他はアルミニウムでしっかりとした外装となっている。

出力は 2 枚目の写真左側 USB ポートのみとなり、左側のマイクロ USB ポートは充電用になる。
1 分間の手回しで通話を約 4 分間、または短いテキストメールの送受信等が可能。
開封時は充電がされていないので、手回し充電を試したが、確かにその位は使えそうだ。
推奨回転速度は 2 回転 / 秒となっており慌ただしい様だが、ハンドル位置のバランスが良いのか、特に不安定になることもなく「ウィンウィン」回せると思う。

最初の充電器としては難しい選択肢かとは思うが、緊急時に 1 つ持っていると役立つかもしれない。
来年もアウトドアでは力を発揮してくれそうだ。

Scroll to top