PaSoRi RC-S390 で iPhone のおサイフケータイ問題は解決を見るか

イーバンク銀行は楽天銀行に、Edy は楽天 Edy と生活の一部が意図せず楽天ブランドに巻き込まれて長いのですが、個人ビジネス口座もあり変えるのが面倒ですし、使うコンビニは特に決まっていないので Edy が便利です。
楽天で買い物をすることはほぼありませんが、楽天ブランドとなったことで、勝手にたまっていく楽天スーパーポイントを Edy に交換ができる利点が生まれました (Edy 付き楽天カード、おサイフケータイのみなので、今回は関係がありません)
その楽天 Edy、iPhone と Android 端末を併用していたころは何ら不便は無かったのですが、iPhone のみとなったところ、何が不便かと言えば、とにかくチャージ、これです。
そのためしばらく持ち歩いていなかったのですが、持ち歩かないのもやはり不便なのですよね。
そんな理由から今回使うことにしたソニー PaSoRi RC-S390 は、iPhone、iPad、iPod touch 等と Bluetooth 通信で電子マネーの残高確認、チャージが可能な非接触 IC カードリーダー / ライターです。

楽天 Edy へのチャージ

これまで通り銀行口座からのチャージが望ましいのですが、これはおサイフケータイのみの機能で RC-S390 では利用ができません。
クレジットカードはまた別の会社ですし、それぞれ用途が分かれていますので、分かりやすい形にしたいということで、楽天銀行デビットカードを使用します。これでチャージをすることで銀行口座からのチャージと同じことになります。
楽天 Edy アプリでクレジットカードとしての登録も、楽天会員 ID に登録されているクレジットカードとしての登録も可能です。
RC-S330 が手元にあり、同じことができますが、Parallels Desktop を起動する手間、常に Mac を持ち歩いているワケでは無いので、面倒ですね。
RC-S390 の利点はまさにここに縛られない点でしょう。

残高確認とチャージ

アプリ、パソリ ユーティリティでは以下の電子マネーの残高を確認することができます。

  • 楽天 Edy
  • Suica
  • nanaco
  • WAON

それぞれチャージに関して簡単にまとめますと、2015 年 2 月 22 日現在では以下となっています。

楽天 Edy 楽天 Edy アプリ・クレジットカードまたは楽天会員 ID
Suica Suica アプリ・Suica 付きビューカード
nanaco 無し
WAON WAON ステーションアプリ・WAONカード

こうして見ると Suica、WAON をご利用の方はその機能付きのクレジットカードが必要で、オートチャージの設定となっていれば残高確認のみの使用となってしまいます。
さて「解決を見るか」という点ですが、持ち歩くものが Android 端末から小さくて薄い RC-S390 に変わって、iPhone 1 台で管理ができる様になったということでしょうか。解決には至りませんね。
楽天 Edy を利用していること、仕事上の交通費管理をどこでも確認ができることという 2 点で僕はこの製品のユーザーとしては合致をしている方で有用ですが、4,000 円台後半の販売価格を考えますと、楽天 Edy を主にご利用の方以外には現時点ではあまり魅力的な製品では無いかもしれません。

ウェブカメラを隠して盗撮防止に役立つ Nope が届いたので試す [Kickstarter]

11 月 19 日に Kickstarter で無事に「Funded!」となった Nope がクリスマスイブに届いたので、早速、試してみました。

Nope は 2 つの磁石を用いて、Mac、PC、iPad 等のカメラ部分を隠すためのものです。
隠してしまうとはいえ、円形の磁石なので、片方をずらすだけでカメラが使えます。
ネットワークにつながっている以上は悪意のある他人がカメラを通してこちら側を見ることも考えられますし、少しでもそういったことを簡単なことで回避できるなら良いですよね。

さて、送料を考えれば当然なのですが、本当にこぢんまりとした封筒がイリノイ州から送られてきました。
10 ドルの「Rewards」を選択していたので、全部で 6 組、Nope が 4 組、Nope Mini が 2 組に粘着材になります。
ほかに Nope Micro という最小のものもあります。

開封をしてまず驚くのが磁力ですね。バラバラにしようと置いてみるものの勢いよくくっついていきます。
磁石に弱い何らかがある場合は、必ず離れて試された方が良いでしょう。小さいながらも侮れません。
大きさは以下の写真をご覧ください。
右が Nope の片方、左が Nope のもう片方と Nope Mini になります。

最上部の写真は MacBook Air に Nope、以下は Apple Thunderbolt Display に Nope を付けたものになります。
Apple Thunderbolt Display は対応製品には含まれていない様なのですが、横に並べた場合に少々不安定な程度でこの並びであれば問題なく使えそうです。
「クルクル」とするにはコツが必要ではあります。

据え置きの Apple Thunderbolt Display、iPad のカメラが使用時以外はふさがれているというのは、ふさいでみて分かる安心感の様なものがありますね。
こういった気の利く小物が好きなのでおすすめをしたいところなのですが、Nope Mini 2 つ (1 組) が、何度かくっつくうちに割れてしまいました。
磁力と耐久性か運送時の問題でしょうか。この点に関しては、本体やディスプレーを傷つける恐れもあるので、今後の改善を望みたいところです。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11 への機種変更

UQ WiMAX を利用し始めてから 2 年半ほど経過しましたが、その間に使用頻度が増え、プランを UQ Flat 年間パスポートに変更し、AtermWM3600R の連続動作時間は心もとないものとなってきました。

今回「WiMAX 2+ 史上最大のタダ替え大作戦」実施中ということで、この際に機種変更をすることにしました。
これまでと月額料金は変わりませんし、UQ Flat ツープラスの通常の契約でも機種代金は 800 円ですので、今回の利点は以下ですね。

  • お申し込みに際し、登録料は発生いたしません。また、ルーター本体の機器代金は無料となりますが、クレードルセットをお申し込みの場合、別途代金がかかります。
  • 「UQ Flat 年間パスポート」「UQ Flat プラス」から WiMAX 2+ サービスへ変更する場合、契約更新期間以外での変更であっても契約解除料は発生いたしません。

使用はほぼ打ち合わせとそれに付随する仕事で通信量が多い中、23 区内、中央線沿線が多いのですが、まだたいした実感は無いものの、これまでと同様に使えているので問題はありません。
2015 年春からキャリアアグリゲーションを導入とのことで、そのあたりには期待をしたいところです。
そうとはいえ、自宅がある国分寺市の一部では 2 年前から電波状況が改善されていない印象がある点は残念です。
キャンプ場でつながらない点はすばらしい利点ですけれどね (笑)

AtermWM3600R と Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11 で通信を同時に試したワケではありませんが、WiMAX 下では転送レートの違いは多少感じられるかとは思います。感覚なのであまり当てにはなりませんが…。

気になる連続動作時間ですが、リチウムポリマ電池 定格 3.7V 2500mAh からリチウムイオン電池 定格 3.8V 2100mAh と変わりましたので単純比較ができませんし、WiMAX か WiMAX 2+ でも違います。
短くなったことのみ実感をする性格の様なので、その時まできっと分からないでしょう。

大きさも重さもバッグの中に放り込んでしまえば誤差の様なものですが、薄い点は非常に良いですね。
バッグの中は大きさよりも薄さがものをいうのではないかと思います。
また、バッグの中が一時期は真っ黒だったので、色は大切と改めて感じます。

通信量制限が今後どうなるかは分かりませんが、現時点ではほかに選択肢のない WiMAX をまたしばらく使い続けることになりそうです。

Parallels Desktop で Windows 10 Technical Preview を試す [Mac]

Windows 10 Technical Preview のダウンロードが開始されましたが、インストール初期段階で少しつまずいたので、メモになります。

1. Parallels Desktop のアップデート

まず、Prallels Desktop が最新バージョンでない場合はインストールに少し手間がかかりますので、バージョン 10.0.2 (27712) にアップデートをします。
もし、何らかの理由でアップデートを見送らなくてはいけない場合は、以下が参考になります。
How to install Windows 10 Technical Preview in Parallels Desktop 10 ?

2. Windows 10 Technical Preview のダウンロード

次に Windows 10 Technical Preview をダウンロードします。
Mac からのダウンロードはできない様ですので、Parallels Desktop で使用をしている他の Windows より行い、Mac にて読み込める場所に移動をします。
Windows Technical Preview

3. Windows 10 Technical Preview のインストール

[ファイル] – [新規…] より Prallels ウィザードを開き [DVD / イメージファイルから Windows / その他の OS をインストール] を選択し [続行] をクリックします。
次画面にてダウンロード済みの WindowsTechnicalPreview-x64-EN-US.iso を指定された箇所にドラッグ後「OS を検出できません」と表示されますが、構わずに [続行] をクリックし [その他の Windows] を選択します。

名前と場所の設定後、Windows のインストーラーが起動しますので、指示に沿って進みます。
途中、設定の引き継ぎに Windows 8 がある場合、こちらを選択すると新しいスタート メニューでなく Metro UI が表示されますので、設定の変更が必要になります。

4. Parallels Tools のインストール

Windows のインストールのみでは使い勝手が悪く、ドライバーの問題もありますので、Parallels Tools もインストールします。
[Parallels Tootls の再インストール] が表示されていないと思いますので、以下の場所にある prl-tools-win.iso を [デバイス] – [CD / DVD] – [イメージの接続…] から読み込みます。

prl-tools-win.iso の場所

アプリケーション: Parallels Desktop: Contents: Resources: Tools

第一印象としては Windows 7、8.1 の良い部分をうまく組み合わせたのではないかと思います。
仕事柄、確認用に Windows は XP から 8.1、経理用に 7 を使用していますが、この経理用は 8.1 を飛ばして 10 への移行となりそうです。それにしても 8.1 は迷走を感じる OS です。
好印象ですので、今後に期待ができそうな現時点での仕上がりではないでしょうか。

Parallels Desktop への移行と Windows 8.1 アップデート時のエラー

VMware Fusion から Parallels Desktop への移行

これまでは VMware Fusion を使用してきましたが、アクト・ツーでの取扱が無くなり、ウェブサイトでのアップグレードが煩雑、価格の魅力も薄くなったことから、Parallels Desktop への移行となりました。

Parallels Desktop への移行は [ファイル] – [新規…] より [既存の仮想マシンを追加] を選択し、VMware Fusion で使用をしていたファイルを選択するのみで自動的に変換が行われます。
SSD、HDD の容量が十分に無い場合、変換に失敗することもある様です。

Windows 8.1 アップデート時のエラー

この機会に様子を見ていた Windows 8.1 へのアップデートも行いましたが、エラーコード 0xC1900101 – 0x20017 が表示され、Windows 8 に復元されてしまいます。
調べてみると以下のコミュニティーでのディスカッションがありました。
Cannot upgrade to Windows 8.1 (PD9)
試しに [仮想マシンリスト] にある Windows 8 Pro の [構成] より [ハードウェア] – [ハードディスク 1] を選択し、ロケーションを [SCSI 0:0] から [IDE 0:0] に変更をします。
起動後、再度アップデートを行います。

再起動時はドキドキしながら見ていましたが、エラーは発生せずに無事にアップデートが完了しました。
このほかにも Windows 7 から 8 へのアップグレードを経た場合、システムの予約済みの領域が小さく、アップデートに失敗をすることがある様です。
今回の様な VMware Fusion から Parallels Desktop への移行は PC の移行と同様になりますので、再度のライセンス認証が必要になります。
電話での認証でしたので、Windows Vista、7、8 と 3 本で 20 分程度。この仕組みは何とかならないものでしょうか。

年末の整理、初代 iPad の用途を決める

年末進行真っただ中の年の瀬ですが、仕事、個人問わずにデータの最終整理も進行中です。
データの整理をしていると、必然的に使用頻度の低いアプリやハードウエアの整理にもつながるワケですが、iPad も Air になった今、初代 iPad の使い道が定まらないままでいました。
型落ちは子供に使わせるという選択もあるのですが、エデュケーションアプリの方が僕が日常的に仕事で使うものよりも処理能力を要することが多いのですよね。

初代 iPad では最新の iOS が 5.1.1 となっており、特に OS 固有の新機能を必要としないアプリという前提条件があります。
そこで、まず初めに何となく以下の 2 つに特化をしました。

  1. ラジオの視聴
  2. テレビの視聴 (SoftBank SELECTION デジタル TV チューナー、ST モードの設定)

しばらく使ってみて気付いたのは、仕事中はほぼ radiko.jpTuneIn Radio Pro のみが稼働をしているということでした。
これらはバックグラウンドで動くアプリなので、これはもったいない (?) と思い立ち、結果、メモ、辞書としても使うことにしました。

Mac では、Adobe 製品での制作や、Exel での壮大な書類作成が多いので、画面はほぼ埋まります。
Mission Control を併用した上で、もう一つ自由になるものがあるのは、想像以上に便利でした。
これまでも似た様な使い方はしていたのですが、固定をして、常にその場所にあるという点が大きく変わってきます。
重宝をしているアプリは最上段の 4 つになります。

iOS 5.1.1 とは言えども、これらに DropboxEvernote を組み合わせれば特に不便なことはありません。
ちなみに写真にある iPhone 4 は仕事専用の電話として、050 plus を使用し、固定電話の代わりとなっています。

iPad、iPhone も 2 年に一度代える様な状況になってきているので、そのうち、また頭を悩ませることになりそうです。
さて、今年も残すところ、7 日になりました。
大したことを書いていない割には、このブログも 3 年を経過しました。
特に何かを伝えたいという確固たるものは無く、同じ境遇の方の参考になれば程度で始めましたが、これからものらりくらりと書いていきます。
これまでに読んでいただいた方々、ありがとうございました。
良い年をお過ごしください。

手回し充電機能付 USB ポータブル電源 BoostTurbine 2000 を試す

BoostTurbine 2000 は手回し充電機能付 USB ポータブル電源です。

秋のキャンプでは電波範囲の境目か、目に見える様に充電が 0% に近づいていき 1 日も持たない状態でした。
これまでは eneloop portable solor「ポータブルソーラー」のみだったのですが、林間サイトであったり、天候状況次第では効率的な発電が望めませんでした。

そこで、満充電時で iPhone 1 回充電可能で、必要な際には手回し充電可能なこの製品を購入しました。
まず、持ってみると大きさの割には軽い印象 (198 g) です。これはハンドル部分があるためだと思いますが、普段に持ち歩いても気にならないのではないでしょうか。
ただ、厚みがあるので、僕が打ち合わせに出かける際のバッグに入れたいかと言われると躊躇をする大きさではあります。
通常時はポータブル充電器を持ち歩いているので、アウトドア、緊急時として割り切って使用をしています。
底面とハンドルはプラスチックの様ですが、その他はアルミニウムでしっかりとした外装となっています。

出力は 2 枚目の写真左側 USB ポートのみとなり、左側のマイクロ USB ポートは充電用になります。
1 分間の手回しで通話を約 4 分間、または短いテキストメールの送受信等が可能になります。
開封時は充電がされていないので、手回し充電を試しましたが、確かにその位は使えそうです。
推奨回転速度は 2 回転 / 秒となっており慌ただしい様ですが、ハンドル位置のバランスが良いのか、特に不安定になることもなく「ウィンウィン」回せると思います。
最初の充電器としては難しい選択肢かとは思いますが、緊急時に 1 つ持っていると役立つかもしれません。
来年もアウトドアでは力を発揮してくれそうです。

SoftBank SELECTION デジタル TV チューナー、ST モードの設定

SoftBank SELECTION デジタル TV チューナー SB-TV02-WFPL ですが、発売から年数を経て投げ売り状態になっています。
発売当初 15,000 円程度だったものが、3,000 円を切る価格にて販売がされています。

仕事用の Mac の右上にもう 1 台、Mac を置いているのですが、座っている位置とテレビとの角度を考えると、ここに映せると便利かと思い、今更ながらの導入です。
Mac で使えるテレビチューナーが少なく、特に録画機能の必要もなく、この価格ということで今回の選択になりました。
Mac での視聴には、別途 StationTV i for Mac が必要になります。
※StationTV i for Mac は Mac OS X 10.7 以降が必要になります

まずはセットアップガイドに従い「ステップ 2 〜チャンネルの設定〜」までを済ませます。
設定は Mac ではできませんので、iPad、iPhone のアプリ、デジタル TV (StationTV i) より行います。
この後も特に難しいことはありませんが、リセットの機会があった際に忘れてしまいそうなのでメモとして残します。

ST モードの設定

すでに Time Capsule を中心にワイヤレス環境の構築をしていますので、Time Capsule 経由で接続をします。
画面下の [設定] より [チューナー設定] – [Wi-Fi 設定] と進み [ST モード] を選択します。
ここで [自動取得 (DHCP)] の選択とルーター情報の各欄に入力すれば、大方の場合はうまくいくのでしょうが、どうにもつながりません。
SSID が 8 文字以上でないと接続ができないという情報もありますが、そこの問題はありません。
IP アドレスが何らかの理由で割り当てられていないだけだと思いますので [手動設定 (静的)] にて以下の様に設定をします。
「199」に特に意味はなく、Time Capsule の DHCP の範囲が 200 までのため、後ろから割り振っています。
Time Capsule 側では DHCP の予約で 192.168.1.199 を設定します。
この際、製品には MAC アドレスが書かれていないので、DHCP クライアント ID (SSID) にて指定をしています。

以上で問題なく視聴可能となりました。
Time Machine のバックアップが 2 台同時に行われている等、負荷の大きい場合は途中で止まることがありますが、今のところ良好な状態を保っています。

iMac のディスプレー、画像の焼きつきと解消方法

iMac 27-inch, Late 2009 を使い始めて 4 年ほどになりますが、数日前にきれいに焼きついている縦線 1 本を発見しました。
背景色によっては見えたり、見えなかったりという具合ではありますが、間違いないでしょう。
もともと評判の良いディスプレーではありませんし、ムラに関しては、残念ながら AppleCare Protection Plan の期間終了後に気づいたので、そのあたりからこういった現象が起きる可能性はあったのだと思います。

追記 (2013.09.17)

ようやく長時間の放置が可能となり、約 12 時間ほど以下の方法を試し、ほぼ、残像が消えたことを確認しました。
※上部の画像の部分的な黄色みは撮影時の光の加減とモアレの影響によるものです

この焼きつき、気にならなかったと言いますか、気づかなかった最大の原因は、縦線が Dreamweaver のパネル左側のフチに一致をするのです。
確かにここ 2 か月程度、珍しく多用をしていましたし、かなりの長時間、スクリーンセーバが開始することが無いくらいに表示をしたままのことが多い状態でした。
アップルのサポートにある「Apple 液晶ディスプレイへの画像の焼きつきを防ぐ」の中に以下の焼きつきを消す方法が掲載されていますが、現在のところ「気のせい」程度の効果でしょうか。
酷使をしている状況もあり、いつからかが分からない点、経年劣化を含めて考えると、致し方なしといったところでしょう。

  1. 「省エネルギー」のスリープ設定を一時的に「しない」に設定します。
  2. 下記の手順を実行し、残像が画面に表示されていた時間だけ、白一色のパターンをディスプレイ全体に表示します。
    1. GraphicConverter や Photoshop などのグラフィックアプリケーションで、全面が白色になるイメージを作成し、JPEG ファイルで保存します。
    2. このファイルをスクリーンセーバで表示する画像に指定します。
    3. バックライトが消耗しないよう、ディスプレイの輝度を下げます (オフにはしないでください)。
    4. 焼きついていた残像が消えたことを確認します。
    5. 必要に応じて、焼きつきが消えるまで、上の手順を繰り返します。
    6. 「省エネルギー」の設定を元に戻します。

ここで使用をするために制作をした全面白色の画像を置いておきますので、必要な方はご使用ください。
bg_white_2560_1440.zip
気にならないと言えばうそになりますが、作業範囲は画面左側 2/3 から 4/5 がほとんどですし、色の確認にはまた別のディスプレーを使うので、しばらくはこのまま使い続けようかと考えています。

そろそろ Facebook の 2 段階認証の導入

すっかりブログから遠ざかり気味で 1 か月に 1 記事という具合になっていますが、以前からあった Facebook なりすましアカウントからの友達申請が周辺でも最近になってさらに目立ってきているので、メモとして残しておきます。
Facebook の 2 段階認証はしばらく前から実装がされていた様に思うのですが、まだ設定をされていない方も多いかと思います。
なりすまし申請は防げませんが、なりすましの最終目的は僕らのアカウントの様なので、万が一、乗っ取られて被害に遭う前に 2 段階認証の導入をします。
特に会社や店舗等の Facebook ページの開設をしている場合は、仕事にも大きく関わってしまうことがあるかもしれません。

Google の 2 段階認証に関しては以前、こちらの記事で触れましたので、ご参考にどうぞ。
※以下の方法では Mac、または PC、および Facebook アプリを使用可能なスマートフォンが必要になります

1. 携帯電話番号の登録

2 段階認証というくらいなので、パスワード以外に信頼に値するものの設定をしなくてはなりません。それが携帯電話になります。

  1. Mac、または PC のブラウザーより Facebook を開き、右上にある歯車のアイコンをクリックし [アカウント設定] を選択します。
  2. 左側にある [モバイル] を選択します。
  3. そこにある [携帯電話番号を追加] をクリックし、指示に沿って携帯電話番号の入力を完了後、すぐに携帯電話あてに SMS (メッセージ) が届きます。
  4. SMS にある 6 桁の番号を先ほどのページ右側 [確認用コード] に入力をします。

以上で携帯電話が承認済みとなります。

2. ログイン承認の設定 (2 段階認証の設定)

以降の設定は引き続きブラウザーにて行っても構わないのですが、ここでは何かの合間に設定をしたい場合があるかもしれませんので、iOS の Facebook アプリでの設定を取り上げます。
Android アプリ、Mac、PC のブラウザーでも同様の項目にて設定を行います。

  1. Facebook アプリの左上、3 本線のアイコンをタップし [アカウント設定] を選択します。
  2. 次に上から 2 つめの [セキュリティ] を選択します。
  3. そこにある [ログイン承認オン] をタップすることで設定が開始されます。
  4. ここでも「1. 携帯電話番号の登録と同様」に指示に従っていくことで SMS にコードが送られてきます。
    Mac、PC での設定の場合では、後ほど触れる [コードジェネレータ] を確認する様にプッシュ通知があります。
  5. 最後の画面で名前を付ける (例: iPhone 5 (xxxx) 等) ことで次回より、コードの確認なしに利用をすることができます。

以上で設定は終了になります。

3. Mac、PC からのログイン

ここまでの設定で、新たにログインをしようとするブラウザーにはすべてセキュリティコードの要求をすることになります。
仮に同一の Mac 上でもブラウザーが異なればすべて必要になります。
この際、認証済み携帯電話の Facebook アプリよりコードジェネレータを確認する様にプッシュ通知がありますので、そこにある 6 桁の数字を入力します。
もし、携帯電話がつながらない状況にも対応ができる様「ログイン承認コード」が別途、用意されていますので、あらかじめ「2. ログイン承認の設定」で触れた [ログイン承認オン] の下にある [ログイン承認コード] を控えておくと困らないでしょう。
設定をしておくことで、仮に不審なログインがあった場合でもそこで歯止めとなりえるので、おすすめをします。
携帯電話を紛失した場合の対処方法もありますが、酔ってどこかに置いてきたということだけは、2 段階認証が主流になってきて、本当に避けたいものです。