2013 年 1 月 8 日に投稿されました。内容が現状と相違がある点等にご注意願います。
2014 年以前の画像の一部、スクリーンショットは表示されません。ご了承ください。

圏外の場所で 2 段階認証プロセスを利用する Google Authenticator

昨年末辺りから Gmail 等で Google アカウントを乗っ取られたという情報がニュースをにぎわせていることもあり、2 段階認証プロセスという言葉が少しだけ浸透をしてきたのではないだろうか。

ただ、コードを受け取る方法が基本的に携帯電話のメールアドレスのため、圏外の場合に利用ができないという質問が知人からあったので、それを可能にする Google Authenticator について、簡単に触れたいと思う。
以下は 2 段階認証プロセスの設定が完了をしていることが前提となる。

2 段階認証プロセスはこちらより設定ができる。

仕組み – Google アカウント ヘルプ

1. モバイル アプリケーションのダウンロード

まず、お使いの端末用の無料のモバイル アプリケーションをダウンロードする。
1 つのアカウントに対して 1 つのモバイル アプリケーションの使用のみが認められているので、複数の端末をお持ちの方は最も使用をするものを選択されると良いでしょう。
Android 版、iPhone 版の名称が違うが機能は同等。ここでは、iPhone 版の使用をする。
また、BlackBerry 版は内蔵ブラウザーからの設定となる。

Google らしからぬアイコンに、少々、驚く。

2. 設定

セキュリティ センターより 2 段階認証プロセス部分のステータスが「ON」と表示されていることを確認し [編集] をクリックする。

次に「モバイル アプリケーション」にある任意の端末を [Android – iPhone – BlackBerry] より選択をする。

選択後、以下の画面「Google 認証システムの設定」が表示される。

バーコードのスキャンをする必要があるので、iPhone にインストールをした Google Authenticator を起動する。
新規の場合は、画面中央にある [+] をタップ、既に他のアカウントをスキャン済みの場合は右下の [+] をタップ。
タップ後、以下の「トークンを追加」にて [バーコードをスキャン] をタップし、Mac、または PC の画面に表示されているバーコードをスキャンする。

スキャン後、すぐにコードが表示されるので、該当する Google アカウント部分のコードを Mac、または PC の画面に表示がされている「Google 認証システムの設定」の [コード] に入力をする。
Google Authenticator のコードは 30 秒ごとに更新され、更新間際には赤字にて表示がされる。

入力後「Google 認証システムの設定完了」画面が表示されたら、終了。

2 段階認証プロセス、Google Authenticator の設定と相応の手間は要すが、いったん設定をしてしまえば、その後はさほど面倒なことはない。
何よりも少しでも安全な状態で自分のアカウントを保てるという点を考えると、時間を見つけて設定をされることをオススメする。

Scroll to top