当記事は 2013 年 1 月 13 日に投稿されました。内容が現状と相違がある点等にご注意願います。
現在、2010 年 11 月 20 日以前のリンク、画像の一部、2014 年以前のスクリーンショットは表示されません。ご了承ください。

個人事業主がネスカフェ®アンバサダーに応募をした結果

個人事業主がネスカフェ®アンバサダーに応募をした結果

ネスレ日本が昨年から募集をしているネスカフェ®アンバサダーだが、昨年末だった終了期日が削除され、現在も引き続き応募が可能となっている。

仕事中は缶コーヒー以外のコーヒーを飲んでいることが多いので、手軽なバリスタの購入を考えていたのだが、上記の募集を知り、ダメ元で個人事業主として応募をした。
応募要項に「会社」と書いていないとはいえ、仕事場兼自宅であって、妻と実質 2 名ということを考えると「ない」と踏まえ。

1 週間ほどで 1 次審査結果が届き、そのアンケートに回答をしてからさらに 1 週間後にバリスタが届く結果となった。
Kindle と同様にその後の商品販売で利益の確保をするビジネスモデルとは思うが、良かったのだろうか ?

ちなみに屋号を含め、応募をしている。
それから 1 週間ほど後に営業の方がいらっしゃった様だが、不在のために応対ができなかった。

約 1 カ月ほどの使用だが、快適な環境に一つ近づいたのではないかと思う。
設置面積は小さいが、電源の環境上、検証機器やプリンターの脇に置かざる得なかったことのみか、残念なことは。
ただ、電源コードは少々短いかもしれない。

インスタントコーヒーではあるが、専用カートリッジのネスカフェ® エコ & システムパックを採用していることで、香りがしっかりとあり、最初は少し驚いた。

自分で入れる際の分量のムラがなく、仕事場にコーヒー粉がばらまかれる心配がない点も良い (普段はさすがにキーボードの前では広げないが…)

この専用カートリッジのおかげで、手入れはこれまでのコーヒーメーカーよりもラクなのではないだろうか。
部分的に相応には必要だが、湯あか洗浄に関しては使用中の浄水器の硬度 (80 ppm 程度) では 750 杯ごととなっている (湯垢洗浄剤は 1,750 円)

ネスレ通販オンラインショップでは「香味焙煎 コクの豊潤 深煎り」が 60 g (約 30 杯分) 3 本購入の場合、1 本あたり 560 円なので、特に割高になるということもなさそう。
既に 2 本目なので、2 カ月で 3 本となると「定期お届け便」も視野に入ってきそうだが、送料を考えると…。
インスタントコーヒーをよく飲まれる方であれば、手軽さと風味は一つの選択肢になるかと思う。

追記 (2012.01.16)

キットカット オトナの甘さや生豆茶 24 本を初めとするネスレ日本製品の詰め合わせ「ネスカフェ アンバサダー ウェルカムキット」が届いた。
しっかりと知人に勧めておかなくてはいけない。

ページの先頭へ