当記事は 2012 年 11 月 19 日に投稿されました。内容が現状と相違がある点等にご注意願います。
現在、2011 年以前のリンク、2014 年以前の画像の一部、スクリーンショットは表示されません。ご了承ください。

au 解約時の注意点と解約後の INFOBAR A01 にできること

INFOBAR A01 から iPhone 5 への機種変更を考えていたのだが、通話中にメールの送信をすることがあり、ソフトバンクモバイルにて契約中の iPhone 4 から 5 への機種変更、164 カ月間も契約をしていた au を解約。
今は長期間の契約をしていても、料金面での利点があまりないので、その点は気にはならない。
契約時は日本移動通信だった。

いずれにせよ、2 台、持っていることが面倒になったことが最大の要因。

※以下は、それぞれ使用ができることを保証するものではありません。またご使用により料金の発生があった場合、責任を負いかねますので、ご注意願います

解約手続き

いたって簡単で、必要書類に記入し、説明を受け、10 分程度。
最近では SIM カードの回収は行われていないとのことで、担当者が一切端末に触れることなく完了。
これまで解約の経験がなく、必要なもののバックアップ後、律義に (?) 端末のオールリセットを行ったことがこの後、多少の問題を引き起こすことになる。
オールリセット時にダウンロード済みのアプリが消去されるので、3G 回線で au ID を認証時に必要とするものは使用ができないことになる。
ケータイアップデート、au one Market 経由でダウンロードをしたアプリ、テーマの再ダウンロードが不可となるため、整理を行ってから持ち込むと良い (考えてみれば分かることで…)

解約前に行うべきこと

  1. ケータイアップデートを済ませておく
  2. iida ブランドのアプリは必要であれば、ダウンロードを行っておく (オールリセット後は、テーマは Metal のみとなり、以前に記事とした Task Cleaner も削除対象となる)

参考までに、オールリセットは以下の手順にて可能。

[設定] – [プライバシー] – [オールリセット]

Wi-Fi の使用

オールリセットさえ行わなければ、これまでの設定で同様に使用可能。
オールリセット後も再設定を行うことで Wi-Fi 接続が可能。
機種によっては解約後に使用ができなくなるものもある様だが、手元の INFOBAR A01 に関しては何ら問題はみられなかった。

ワンセグの視聴

契約中にワンセグの視聴経験がほぼないが、解約から約 3 週間を過ぎた今でも問題なく、視聴が可能。
調べると視聴不可という情報が多々あるが、仕様が変わったのか、この機種特有のものなのかは分からない。
僕の場合は Wi-Fi さえ使用が可能であれば、確認端末としては十分なので、特に不足はない。

ちなみに機種変更後の iPhone 4 は 050 plus や Sleep Cycle、子供のゲーム用として使われている。
INFOBAR A01 を 050 plus 用としてしまっても良いのかもしれない。
持ち歩く端末が 1 つ減ったが、Kindle Paperwhite に心引かれている。

ページの先頭へ