blog.hakozu.me

PowerShot S100 を試す (2) 〜夜間、屋内での料理、小物撮影

Av | 評価測光 | ISO800 | 1/25 | F2.0

Av | 評価測光 | ISO800 | 1/25 | F2.0

※画像はすべて RAW データを Lightroom 3 に読み込み後、処理を行っています

昨日に引き続き、PowerShot S100 の話題になります。
前回の記事、新宿方面の写真を見る限りでは相応にノイズが見られるのですが、PowerShot S95 と比較をすれば、かなりきめ細やかになりました。
細かくなった分、白っぽくなることが少なくなり、良いですね。

今回はそんなノイズの部分も含め、多用されると思われる夜間の屋内撮影に関してになります。
訪れた店で料理や小物の撮影をする機会があるかと思いますが、F2.0 のレンズと DIGIC 5 の組み合わせはここでも役立ちます。

Av | 評価測光 | ISO800 | 1/40 | F2.0

Av | 評価測光 | ISO800 | 1/40 | F2.0

店内で撮影をした写真を PowerShot S95 と比較をすると、同条件ではありませんが、こちらもやはりノイズが細やかになっています。
上の写真はトリミングをしたものを使用していますが、特に影の部分ですね (実質約 2 倍に拡大)
適当な比較対象が掲載できずに感覚となりますが、拡大したものでこの状態であれば、ある程度うまく表現ができる様になったと言えるのではないでしょうか。

また、黒つぶれ、白とびに関して改善がなされた様で、条件にもよりますが、ダイナミックレンジの拡大がされた分、艶っぽいものへの対応もラクになりました。
おそらく、このあたりの処理もノイズに影響を与えているのではないかと思います。

Av | 評価測光 | ISO1600 | 1/15 | F4.0

Av | 評価測光 | ISO1600 | 1/15 | F4.0

話は変わりますが、店内の場合、接写が増えることになると思います。
液晶モニターではパッと見た感じでは分からない、ピントの位置が微妙にずれていることがあります。
DISP. ボタンで表示を切り替えれば良いのですが、初期表示の状態でもピントの位置の表示がされるとさらに良いのではないかと思います。

一眼レフと比較しての CMOS センサーを考えると被写界深度の浅さは違いますが、以下の写真程度の背景のボケ味は得られます (思っていた場所にピントが合っていませんが…)

Av | 評価測光 | ISO1600 | 1/10 | F5.6

Av | 評価測光 | ISO1600 | 1/10 | F5.6

3、4枚目の写真は ISO1600 での撮影となりますが、ノイズを含めた品質は、個人的なスナップ用途としては十分ではないかと思っています。
PowerShot S105 か 110 かは分かりませんが、そうなればそうなったでまた考えてしまいますが…。

次回は日中の屋内の予定ですが、まだ、分かりません。

関連しそうな商品

関連しそうな記事

コメント