文字列を一括置換するプラグイン Search Regex [WordPress]

この前の記事で触れましたが、プラグイン AdRotate の削除に伴い、文字列を置き換える必要がありました。
phpMyAdmin 上で編集しても良いのですが、不得手なのでプラグインを使用します。
Delete Revision 等と同様に常に有効にしておく必要はありませんので、必要に応じて有効にします。
Search Regex は記事、タグ、コメントを対象に置換を行うものですので、テンプレートに記述したものに関しましては、別途書き換える必要があります。
インストール後、左側の [ツール] 内に表示されます。

Source は、検索、置換対象を選択します。

  • Comment author (コメントの投稿者)
  • Comment author email (コメント投稿者のメールアドレス)
  • Comment author URL (コメント投稿者の URL)
  • Comment Content (コメント)
  • Post content (記事)
  • Post expect (記事の抜粋)
  • Post meta value (カスタムフィールド)
  • Post title (記事のタイトル)
  • Post URL (記事の URL)
  • Sniplet Content (Snippet のことでしょうか ?)
  • Tag Name (タグ)
  • Tag slug (タグのスラッグ)

Limit to は検索、置換対象の上限数を設定します。制限なしから、10、25、50、100 までの設定が可能です。
Order by は検索結果の表示を Ascending (昇順)、Descending (降順) で並べ換えるための設定です。
Search pattern が検索する文字列、Replace pattern が置き換える文字列になります。
正規表現を用いる場合は、Regex をチェックします。
[Search »] は検索のみ、[Replace »] は置換候補の検索、[Replace & Save »] は一括置換となります。
以下は Search pattern「wordpress」Descending (降順)、[Replace »] の結果になります。欧文は大文字、小文字の判別をします (当然ですね) もちろん 2 バイト文字も問題はありません。
検索結果右側に表示される [view] で記事、[edit] で投稿編集にそれぞれ遷移します。
現在の環境では [replace] が機能しませんでした。

今回の様にプラグインを削除した場合、何らかの原因でプラグインが対応しなくなった場合、名称や URL が変更された場合等に重宝しそうです。

関連しそうな商品

3 Comments

  1. […] 詳しい使い方は以下のページを参照: 文字列を一括置換するプラグイン Search Regex [WordPress] | ハコヅメ データベース内を検索して一括置換ができるWordPressプラグイン、Search Regex – ミb […]

    返信
  2. Wordpressで記事の内容を置換するプラグイン | ムラッチドットコム
    2012.03.20
    返信
  3. […] バーのままなので、新しいパスに書き換えます。 書き換えはSearch Regexというプラグインを使うとよいでしょう。 こちらのブログに詳しいです。 http://blog.hakozu.me/2011/01/14/plugin-search-regex-wp/ […]

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です