当記事は 2011 年 1 月 16 日に投稿されました。内容が現状と相違がある点等にご注意願います。
現在、2011 年以前のリンク、2014 年以前の画像の一部、スクリーンショットは表示されません。ご了承ください。

iPad でニュースを読む〜トムソン・ロイター ニュースプロ

眠る前に iPad でいろいろと確認をし、寒いこの季節は目覚めたら布団の中で iPad でまたいろいろと確認するので、ほぼ枕元に iPad が置いてある。
朝、ぼんやりとブラウザーを操作することが面倒くさいと思っていたのだが、iPad 発売からしばらくは、なかなか良いニュース確認用のアプリが見つからずにいた。
iPhone でも使用しているアプリ「トムソン・ロイター ニュースプロ」が昨年末 (かな ?) に iPad 版として発売され、最近はまずこのアプリから見始めている。

ニュースの確認にはもう 1 つ「AFPBB News」を使用。
産経新聞 HD という選択肢も考えられるのだが、iPad 版は有料、電子版があるという理由で購読紙を変更することには抵抗があり、見送っている。
また、iPhone には「共同通信ニュース by 記事蔵」もインストールしていたが、読み込み速度が非常に遅く、いまひとつ。

ほかの情報に関しては RSS リーダー「Reeder (iPad 版 | iPhone 版)」を重宝している。

※表記の価格は、当記事公開時のものになり、ご注意願います
※価格の誤記等がある場合があるので、購入時には iTunes Store にてご確認願います
iPad 版iPhone 版は別のアプリになります
※ 2011 年 01 月 16 現在、ダウ平均と日経平均の最新株価情報が更新されない不具合が発生しているので、ご注意ください

さて「ニュースプロ」だが、900 円という価格と相場を考えるとロイターとはいえまだ粗削りな感は否めない。
ニュースを除けば、為替、株式に関しては「Bloomberg」で事足りる。
ちなみに投資信託の情報確認には、モーニングスターによる iPhone アプリ「株・投信情報」が良いか。
ただ、現状では 1 つのアプリにてざっと確認できるものがありませんし、言うほどには悪くはない。
翻訳の影響かニュースとしては更新が遅いので、僕は朝刊と同感覚にとらえている。

朝、ひとまず確認するには問題のないニュースの本数か。
布団からはい出て asahi.com日本経済新聞のウェブサイトに、自宅では東京新聞、実家では中日新聞の地域情報に目を通す。これは好み。

文字が小さい様に見えるが、ピンチアウトすることにより記事部分のみを拡大可能。
また、コンテンツをメール、Twitter、Facebook にて共有することができる。
ビデオニュースは翻訳されていないが、英語の勉強には良いかもしれない。
写真ニュースはフリックすることにより、順に写真とともにキャプションを見ることができる。

為替に関しては取って付けた様な印象なので、「Bloomberg」の方が良いと思う。
マーケット、株価は 1 日、1 カ月、6 カ月、1 年、5 年のチャートとともに最新の株式情報を確認することができ、株価にはウォッチリストとして任意の銘柄を登録可能。
一通りのことを確認できるのだが、それがどれも特筆すべき点がなく、バランスが良いと言うよりは少々散漫。
マーケット関連はニュースを中心に再編するか、もっと高機能にするか、今後のアップデートに期待したいアプリ。

ページの先頭へ