水道水をろ過するカーボン製フィルター付きボトル、bobble (ボブル) を試す

bobble
先週のニューズウィーク日本語版に広告が掲載されていましたが、そんな気になる時に bobble を頂きましたので、使用感を少し。
キャップの部分にカーボン製フィルターが内蔵されており、このフィルターは飲用水の塩素、味質、臭気の削減における国際基準 (NSF International Standard 42) を満たしているそうです。
ボトルには水 560 mL を入れることが可能です。
使い始めですが、まずは水をいっぱいに入れ、フィルターを通してすべて捨ててしまいます。飲み口を上に引き上げることで、中の水を出せる様になります。
この時に黒い炭素の粒子が出てくるので、くれぐれも突然、飲んでしまわない様に気をつけてください。
飲む際はボトルを軽く押して水を出しますが、押した分のみが出てくる仕組みなので、大量の水を一気に飲みたい場合にはあまり向いていないでしょう。
また、少々大きい点も気になりますが、仕事場に常備しておくといった使用法も考えられます。
肝心の味は、そのままの水道水と比較しましたが、確かに変化は感じられます。水道水臭さがありません。
使用できる水は水道水のみなので、先日の地震後の様に水が出ない際には使用できないということになりますね。
オンラインストアではフィルター付きボトルが 1,780 円、フィルターが 980 円にて販売されています。
フィルターは 2 カ月ごと、もしくは 150 L の水をろ過する度 (約 300 回) に交換が必要となります。
2 カ月の間に購入する飲料水の価格を考えると経済的ではないでしょうか。
6 色のフィルターが用意されており、ボトルはすべて同一なので、2 カ月ごとに色を変更するという楽しみ方も考えられます。
ペットボトルはリサイクル可能とはいえ、すべてがリサイクルをされていない現状があります。
この様な製品を使用することで、多少なりとも環境、社会貢献ができることは良いですね。
もちろん、この製品もリサイクル可能です。
デザインは良いと感じますし、携帯可能で浄水機能がある製品をお探しの方には選択肢となるのではないでしょうか。

追記 (2011.05.28)

1 週間ほど使用しましたが、手軽なのでいつも bobble と水が手元にあり、朝のコーヒー、夜のビール以外はぼぼ水を飲むという状況に変わりつつあります。
倒してしまってもこぼれない点が、キーボード等の精密機器を前に仕事をする際は良いですね。

関連しそうな商品

関連する記事

子供に対するプレゼントは押しつけでも良いかな、まだ... 5 歳になる子供の誕生日、どうしようかなと考えていました。 仮面ライダーオーズですね、今は。変身ベルトは購入しましたが、5 歳の子供に対するプレゼントは親の押しつけでもまだ良いと思います。 僕が良いと思うもの、妻が良いと思うもの、それを分かってくれなくとも少しの記憶に残れば良いかな、そういう気持ちで...
モバイルデバイス用のウェブページ確認ツール Adobe Shadow Labs Release 1 ... モバイルデバイス用のウェブページ確認ツール Adobe Shadow Labs Release 1 が公開されましたので、試しました。 このソフトウエアはデバイスをシミュレートするものでは無く、Mac または Windows の Google Chrome とペアリング済みの iOS、Androi...
電子書籍「深海のとっても変わった生きもの」... 宇宙や星空に思いをはせる方は深海が好きと勝手に思っていますが、どうでしょうか。 なんと言ったら良いのでしょう、この深海生物へのワクワク感。 僕らと同じ地球上に存在しているにもかかわらず、未知な部分が多いことが手伝っていると思います。 宇宙は深海にも存在していますという様な、そんな魅力があります。 i...
読了した書籍 (7) 〜「フォークの歯はなぜ四本になったか」... ヘンリー・ペトロスキー著、忠平美幸 さん訳の「フォークの歯はなぜ四本になったか」は、実用品の進化論と副題にある様に、もの、道具の歴史をひもとき、いかに現代の形状に至ったかを実例を豊富に示しながら進行します。 著者 (Wikipedia) の専門は土木工学、失敗学ということで、デザインに関する定説「形...
半年、10 年、50 年、それぞれに思うこと (2) 〜 WWF 設立 50 周年とエネルギー... 2011 年 9 月 11 日に関する前記事からの続きです。 50 年 - 9.11 WWF 設立 50 周年 WWF (World Wide Fund for Nature: 世界自然保護基金) は約 100 カ国で活動している環境保全団体です。 50 年のうちの大した期間をともにしたワケでもな...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です