当記事は 2011 年 5 月 21 日に投稿されました。内容が現状と相違がある点等にご注意願います。
現在、2011 年以前のリンク、2014 年以前の画像の一部、スクリーンショットは表示されません。ご了承ください。

カスタマイズが容易な Wpshower の WordPress テンプレート

何となくポートフォリオを WordPress にてまとめようと思い立ったので、合間に制作している。
現時点では誰でも見られる様な状態にて公開する予定は無く、公開はできない部分もあり、いろいろと。
一からデザインを制作しようかとも思ったのだが、当サイトでも使用している Wpshower より簡素で良いテンプレート Portfolium が公開されていたのでこちらを選択。

Wpshower のテンプレートは CSS を含め分かりやすくまとめられており、大きくデザインを変更する場合でもそれほど手間はかからないのではないだろうか。
ただ、Portfolium はポートフォリオという特性上、少々クセはある。
当サイトは Blogum というテンプレートを使用しているが、もし初めてテンプレートを基本として変更される方は、こういったものを選択してはいかがだろうか。

現時点では有料のもの 1 つを含む 7 つのテンプレートが用意されている。
どれもグリッドデザインをしっかりと採用しており、安心ができる。
Google AdSense やアフィリエイトバナーを掲載したい場合には、横幅の調整は必要になるが、これも大きな手間とはならないだろう。
1 点、欧文を基本としているので、フォントサイズの調整は必須となる。ちなみに当サイトの本文は 14 px の指定に変更している。

先日の Facebook 上での投票では、IMBLANCE 2 を制作、無料にて公開となる模様。
それぞれが用途を考えて制作されているので、カスタマイズの方向性さえ見えていれば選択はしやすい。

ページの先頭へ