当記事は 2013 年 2 月 14 日に投稿されました。内容が現状と相違がある点等にご注意願います。
現在、2010 年 11 月 20 日以前のリンク、画像の一部、2014 年以前のスクリーンショットは表示されません。ご了承ください。

VMware Fusion とウイルスバスターの併用で SSD の空き領域が減少する問題を解決 ?

VMware Fusion で Windows XP、7、8 と立て続けに使用をしていたのだが、突然、8 が起動をしなくなった。
VMware Fusion 4 が正式に対応をしていない Windows 8 の仮想マシンファイルが破損したのかと思い、Time Machine での復元を試みる。

その最中に Finder を見て、これまでと違うことに気付いた。
SSD の空き領域が約 20 GB に減少をしている。先日から 100 GB 程度の減少と思われるので、頭の中は「?」で一杯。
DaisyDisk にて SSD の状態の確認をするが、使用領域とリストの合計が違う。ますます分からない。
しかも、復元をした仮想マシンファイルからの起動もできない。

[この Mac について] にて確認をすると「その他」に大きな容量のファイルがあることが予想される。

この状況、まずは不明なファイルを地道に root から順に探すことにする。

sudo du -h -x -d 1 /
sudo du -h -x -d 1 /Library
sudo du -h -x -d 1 /Library'/Application Support'
sudo du -h -x -d 1 /Library'/Application Support'/TrendMicro

結果、以下のディレクトリに 98 GB のファイルが存在していた。
ウイルスバスターが使用をしているもの。

/Library/Application Support/TrendMicro/common/lib/vsapi/tmp

存在は確認をしたが、そもそもの発端、VMware Fusion との因果関係が分からない。
ここでは以下の 2 つのブログを参考に、今回はウイルスバスターのアンインストール、再インストールを選択した。
再インストール後に VMware Fusion の起動を何度か行っているが、現状では大きく空き領域が減少する様な変化は見られない。

Windows 8 も起動し、ひとまずは解決ということで、この問題に割いた時間を回収しなくてはならない。

ページの先頭へ