当記事は 2013 年 3 月 17 日に投稿されました。内容が現状と相違がある点等にご注意願います。
現在、2010 年 11 月 20 日以前のリンク、画像の一部、2014 年以前のスクリーンショットは表示されません。ご了承ください。

今年もアースアワーの季節がやってきた (Earth Hour 2013)

今年もアースアワーの日が今週末に迫ってきた。
アースアワーは 2007 年 3 月にオーストラリアでの WWF のキャンペーンから始まった、同時間帯に電気を消す行動を通じて地球温暖化防止への意思を表す国際的なイベント。
今年、日本では 3 月 23 日 (土) 20:30 〜 21:30 の間、実施される。

語弊があるかもしれないが、参加方法は簡単なので、少しでも思うところがあれば、可能な範囲で何らかの行動を起こしてみてはいかがだろうか。
年に一度とはいえ、こうしたことが普段の意識の変化につながるのではないかと思う。
参加方法は以下の通り。

  • 3 月 23 日の 20:30 に、電気のあかりを消します
  • ろうそくをともし、被災地に向けて祈りをささげます
  • 地球温暖化と普段の暮らし、身近なことと地球のことを、静かに考えます
  • そして、世界の人びとが同じ気持ちを抱いていることを思ってください
  • 21:30 になったら、ろうそくを消し、明かりをつけましょう

詳しくは WWF ジャパン、または Facebook ページ、Earth Hour Japan

各種ツールやバナーに関しては WWF ジャパンよりも Earth Hour の方が品質、種類ともに充実している。
[GET INVOLVED] – [Tools and Downloads] より入手可能。

さて、東日本大震災、福島第一原子力発電所事故から 2 年を経過して、想像以上にものごとの進展が見られないと感じている方も多いかと思う。
与党が変わり、電力の問題は方向性が変わった。
早い段階で自然エネルギーへの移行が可能であれば、それに越したことはないが、不可能な政策で進展が見られないよりは、現実的な路線を選択、僕はそれで良いと思う。
地球温暖化防止に限らず、局所的な部分ばかりでなく、大きな枠組みで考える必要性があるのだと感じている。
以下はご参考までに。

日本での自然エネルギー 100 % は可能 エネルギーシナリオを発表
国内では、東京タワーの他、大洲城、京都タワー、銀座ソニービル、五稜郭、別府タワー、東山スカイタワー、横浜マリンタワー、ツインアート 138 等の多くの施設で照明が消される。
また、東京都内では、当日「アースアワー 2013 x ミラーボーラー @ 東京タワー」というイベントが行われるとのこと。こちらも興味のある方は足を運ばれてはいかがでしょうか。

ページの先頭へ