当記事は 2010 年 11 月 20 日に投稿されました。内容が現状と相違がある点等にご注意願います。
現在、2010 年 11 月 20 日以前のリンク、画像の一部、2014 年以前のスクリーンショットは表示されません。ご了承ください。

ソーシャルサービスを日記としてまとめる Momento

いろいろなソーシャルサービスを利用している場合、情報が分散し、まとめるために情報の順序を整理する必要がある。
主に Flickr、foursquare、(Delicious) → Twitter → Facebook、mixi、Tumblr という順序だが、現状、後者 3 つのサービスはまとめとしての役割 (もしくは惰性) となっているので、Flickr、foursquare、Twitter、この 3 つの情報とブログの Feed があれば日記として振り返ることができる。

※表記の価格は、当記事公開時のものになりますので、ご注意願います
※価格の誤記等がある場合がありますので、購入時には iTunes Store にてご確認願います

これまでも Momento (230 円) に集約してきたが、先日のアップデートにより読み込み可能なサービスが拡充された。

Twitter、Facebook、Flickr、Last.fm、foursquare、Gowalla、Digg、YouTube、Vimeo、Web Feed からの読み込みが可能となっている。
読み込みだけではなく、もちろん日記を書くこと、写真を挿入することも可能。

僕は、書くことに関しては MacJournal を主に使用しているので、集約することにのみ特化している。

また、人物、場所、イベント、任意のタグにて管理することができる。

各設定を完了すると、それぞれの読み込みが開始され、各日付の右側にツイート数や写真の数が表示される。

それぞれの日付をタップ後、以下の様に表示される。

蓄積されたデータは、エキスポート、バックアップが可能。iTunes のファイル共有にてローカル環境に保存することができる。

何かの拍子で振り返らなければならないこともあるし、サービス側にあるデータを手軽にローカル環境に保存することもでき、Momento は非常に重宝している。

ページの先頭へ