当記事は 2011 年 4 月 5 日に投稿されました。内容が現状と相違がある点等にご注意願います。
現在、2011 年以前のリンク、2014 年以前の画像の一部、スクリーンショットは表示されません。ご了承ください。

iPad の入力に AluPen を使用し始める

iPad の入力に AluPen を使用し始める

最近また iPad にてメモを書くことが多くなったので、Just MobileAluPen を購入。

入力用のペンはデザインを考えるとなかなか納得できるものがなく、発売当初に購入しようと思い立ったのだが、どこも在庫切れのために断念していた。
2 月から発売されたものはシルバーに加え 5 色、全 6 色となり、ケースが付属している。
持った感覚は太すぎず、細すぎず、それぞれの指がちょうど六角形の面に乗り、長時間の使用でも疲れない。
入力用のペンの中では比較的重い部類だろうが、その影響か特に力を入れることなく快適に書くことができる。

メモ用のアプリには Penultimate を使用しているが、指での操作より細かい文字を書くことができ、1 ページあたりの情報量は格段に増す。
ただ、サラサラと書けてしまうため、ペンの移動が速い場合は認識されないこともある。
Penultimate は反応の悪いアプリではないと思うが、アプリに左右される状況は少なからずあるだろう。

同様のペンと比較した場合は若干高価だが、十分にそれだけの仕事はこなせると思う。
子供が絵を描くにも良い。

ページの先頭へ