iMac のディスプレー、画像の焼きつきと解消方法

iMac 27-inch, Late 2009 を使い始めて 4 年ほどになりますが、数日前にきれいに焼きついている縦線 1 本を発見しました。
背景色によっては見えたり、見えなかったりという具合ではありますが、間違いないでしょう。
もともと評判の良いディスプレーではありませんし、ムラに関しては、残念ながら AppleCare Protection Plan の期間終了後に気づいたので、そのあたりからこういった現象が起きる可能性はあったのだと思います。

追記 (2013.09.17)

ようやく長時間の放置が可能となり、約 12 時間ほど以下の方法を試し、ほぼ、残像が消えたことを確認しました。
※上部の画像の部分的な黄色みは撮影時の光の加減とモアレの影響によるものです

この焼きつき、気にならなかったと言いますか、気づかなかった最大の原因は、縦線が Dreamweaver のパネル左側のフチに一致をするのです。
確かにここ 2 か月程度、珍しく多用をしていましたし、かなりの長時間、スクリーンセーバが開始することが無いくらいに表示をしたままのことが多い状態でした。
アップルのサポートにある「Apple 液晶ディスプレイへの画像の焼きつきを防ぐ」の中に以下の焼きつきを消す方法が掲載されていますが、現在のところ「気のせい」程度の効果でしょうか。
酷使をしている状況もあり、いつからかが分からない点、経年劣化を含めて考えると、致し方なしといったところでしょう。

  1. 「省エネルギー」のスリープ設定を一時的に「しない」に設定します。
  2. 下記の手順を実行し、残像が画面に表示されていた時間だけ、白一色のパターンをディスプレイ全体に表示します。
    1. GraphicConverter や Photoshop などのグラフィックアプリケーションで、全面が白色になるイメージを作成し、JPEG ファイルで保存します。
    2. このファイルをスクリーンセーバで表示する画像に指定します。
    3. バックライトが消耗しないよう、ディスプレイの輝度を下げます (オフにはしないでください)。
    4. 焼きついていた残像が消えたことを確認します。
    5. 必要に応じて、焼きつきが消えるまで、上の手順を繰り返します。
    6. 「省エネルギー」の設定を元に戻します。

ここで使用をするために制作をした全面白色の画像を置いておきますので、必要な方はご使用ください。
bg_white_2560_1440.zip
気にならないと言えばうそになりますが、作業範囲は画面左側 2/3 から 4/5 がほとんどですし、色の確認にはまた別のディスプレーを使うので、しばらくはこのまま使い続けようかと考えています。

関連する記事

OmniFocus のプロジェクト、フォルダ、コンテキスト再検討... OmniFocus のレビュー (再検討) を怠り、すっかり混迷とした状況になっていたので、プロジェクト、フォルダ、コンテキストを見直した、テキストのみのメモになります。 スクリーンショットを掲載しようと思ったのですが、ぼかしばかりになってしまいますので…。 OmniFocus に興味がある方は、O...
常用アプリケーションの起動を確認する... Mac OS X Lion の販売が開始されました。 問題が発生した場合は Time Machine にて Snow Leopard に戻せば良いですし、Mac が 1 台というワケではありませんので、主に使用している iMac にインストールし、常用アプリケーションの起動の可否を確認することにしま...
OS X Lion でのウイルスバスターの停止・Snow Leopard のスクロールを逆方向にする... Mac OS X Lion が発売されてからしばらくがたちました。 スクロール方向のナチュラルにもすっかり慣れ、Adobe CS4、Microsoft Office 2011、Transmit、VmWare Fusion 等の業務に使用するソフトウエアもほぼ支障を来すことはありません。 それでも、現...
Android の標準ブラウザーと Chrome のブックマークを同期する PhoneMarks... INFOBAR A01 を使用し始めてからまだ少しですが、iPhone と MobileMe の組み合わせではほぼ気にならない「同期」という部分が見え隠れしてきます。 前記事でも触れた様にカレンダーは Google カレンダー、メールは Gmail と初期設定後は自動的に同期されます。 ブラウザーの...
モバイルデバイス用のウェブページ確認ツール Adobe Shadow Labs Release 1 ... モバイルデバイス用のウェブページ確認ツール Adobe Shadow Labs Release 1 が公開されましたので、試しました。 このソフトウエアはデバイスをシミュレートするものでは無く、Mac または Windows の Google Chrome とペアリング済みの iOS、Androi...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です