当記事は 2014 年 3 月 17 日に投稿されました。内容が現状と相違がある点等にご注意願います。
現在、2011 年以前のリンク、2014 年以前の画像の一部、スクリーンショットは表示されません。ご了承ください。

腸閉そくのため、入院 (3) 〜入院 6 〜 10 日目と大腸内視鏡検査

6 日目〜禁食・点滴・造影 CT 検査

恐らく体内は点滴から得られるもののみな気がする。胃が鳴るくらいに、昨日にも増して胃腸が動いている。

造影 CT 検査

午前中に造影 CT 検査だったが、造影剤を見てしまったのは良くなかった。この量をあの短時間で流し込むのかと驚いた。前回は見ている余裕がなかっただけで、同じことが行われているのだが…。
その検査結果は良好とのことで、明日、主治医とまずは食事の相談。

その他

  • 体温・血圧・脈拍・SpO2 測定

7 日目〜禁食・点滴

何となく、足に張りがなくなったと感じた朝。考えてみれば、この 7 日間の運動はトイレ、売店との往復のみ…。
この際なので、先日から話のあった大腸内視鏡検査を明日に行うことにし、本日も禁食は継続。
禁食もあと 1 日かと思うと、何とかなりそう。気の持ち様か。
今回の病状に関しては、3 度目の発症の可能性はあるものの、手術によって他で癒着を起こす可能性もあること等、今後の方針も確認。

その他

  • 体温・血圧・脈拍・SpO2 測定

8 日目〜禁食・点滴・大腸内視鏡検査

本日は大腸内視鏡検査のため、起床直後より経口腸管洗浄剤の摂取。
目の前に置かれたのは、事前調査では悪評 (?) の高かった「ムーベン配合内用剤」な便 ?
レモン風味とあるが、ゴムの風味もかすかにする様な、まずい、正直。これを 15 分ほどでコップ 1 杯、2 L を 2 時間程度で飲まなくてはいけない。
排出されるものがにごっていなければその時点で終了となるが、ほぼ 1 袋使うことになり、半分くらいからは飲むだけとはいえ、苦痛でしかなかった。

大腸内視鏡検査

まず、後部に切れ目のある紙製のボクサーパンツの様なものに履き替えさせられる。
次に痛みを和らげるための薬を投与され、少し意識がもうろうとしてきた頃に開始。まったく痛みは感じなかった。
検査の結果、直腸付近に小指の先くらいの大きさのポリープが見つかり、その場で切除をしたとのこと。
このポリープは悪性のものではないとのことで、一安心。
ただ、この影響で明日まで禁食が延長。

その他

  • 体温・血圧・脈拍・SpO2 測定

9 日目〜禁食・点滴

運動量が気になっていたので、昨日は起床から就寝まで Fitbit One を付けて移動。
経口腸管洗浄剤の影響があり、入院後最も動いたと思うが、それでも 1,271 歩、0.9 km といった状態。
補給源が点滴のみなので、そうそう動けるものでもないが…。

その他

  • 体温・血圧・脈拍・SpO2 測定

10 日目〜点滴

昨日の運動量は 656 歩、0.46 km とやはり少ない。
今日から食事が始まったが、9 日間、何も口にしていないので、三分がゆからに。
久々の食事に感動するかと思ったが、食べることに少し苦労をする味でそういう状況ではなかった (笑)

その他

  • 採血
  • 体温・血圧・脈拍・SpO2 測定
  • レントゲン撮影
ページの先頭へ