12 月なので、山下達郎 さんの「MELODIES (リマスター版)」について気軽に書きました

昨年、2013 年にリマスター版発売となった山下達郎 さんの MELODIES (30th Anniversary Edition) ですが、オリジナルの発売は 1983 年、僕が 5 歳ですね。
みんなが大好きな「クリスマス・イブ」が収録されているアルバムになります。

僕がこのアルバムを手に取ったのはおそらく中学 1 年生、13 歳のころなので、角松敏生 さんの「ALL IS VANITY」(回顧録) とどちらが先だったかは覚えていませんが、とにかく出だしの「悲しみの Jody」から心をわしづかみにされたことは覚えています。

特にリマスター版という点について細かく書くつもりはありませんが、彼女と JR 東海の CM「ホームタウン・エクスプレス X’mas 編」を再現したい方は、格段に BGM の品質が上がると思います。
彼女の涙倍増かもしれませんが、完全に男子目線ですね。申し訳ございません。
「JR 東海」「深津絵里」 さんで調べると見られます。
この CM 放映時は 10 歳でしたが、非常に印象に残っています。

「帰ってくるあなたが最高のプレゼント」

こういう機会はもう訪れないでしょう (笑・36 歳)
シリーズを通してステキな CM でした。涙腺が緩むのは曲のせいか年齢のせいか。

話は戻りますが、リマスタリングによって全般的に「ノペッ」とした感じが薄れて、これまでベストアルバム「TREASURES」等で「クリスマス・イブ」を聞いた方は、ほかの楽曲との違和感と言いますか、埋もれた感と言いますか、そういった印象がなくなるのではないかと思います。
ボーカルが見えると言いますか、バッキングトラックとの広がり、メリハリがしっかりとして非常に聴きやすく、これこそ生まれ変わったというのではないでしょうか。
もともとの音質がいまひとつなのかと思っていましたが、特にそういったことでは無かった様です。
完成度は非常に高いアルバムですが、その中でも特に「メリー・ゴー・ラウンド」「BLUE MIDNIGHT」の流れで、完全にやられてしまいます。
流れということを考えるとボーナストラックが必要だったかは疑問ですが、ファンとしてはうれしいでしょうね。
最近はリマスター版を買うことが多くなりました。良い音楽を今の環境下で良い音で聴きたいという欲求なのですが、これこそ年齢を重ねたということでしょうか。

関連する記事

イヤホンを UE から復刻モデル Klipsch X10 に変えました... 2 つめの Ultimate Ears SuperFi 5vi (記事参照) が断線か何か、20 年ぶりくらいにはんだごてを手に修復を試みるも、問題は断線では無かった様でまたイヤホン探しの旅に出ることとなりました。 慣れた音ですので買い換えが最良の選択肢なのですが、残念なことにもう販売がされていま...
イヤホン Ultimate Ears SuperFi 5vi を試す (2 つめ)... 2 年ほど使い続けてきた SuperFi 5vi が根元の断線により、右側から音が聞こえなくなりました。 断線に関して「あっ」という思い当たる節はあるのですが、お世辞にもケーブルが丈夫というイヤホンではありません。 実は試すのは 3 度目、1 つめは初期不良でしたが、ほかの機種と比較をし、やはりそ...
ジャケ買いから 20 年、角松敏生 さんの音楽と僕... 今回は、全くの回顧録です。 発売の 1991 年は 13 歳ですから、中学 1 年生ですね。田舎のレコード店 (CD 店 ?) で「ALL IS VANITY」のジャケットに出会ってしまったことで 20 年近く角松敏生 さんの音楽を聴くことになったワケです。 小遣いは覚えていませんが、1 カ月分か...
2010 年に好んで聴いた音楽、10 枚のアルバム... 2010 年に好んで聴いた音楽、10 枚のアルバムを iTunes の再生回数をリセットする前に記録します。 なぜアルバムかですが、曲単位で購入することがめったに無いことと、シャッフル機能をあまり使用しないので、曲にすると同一アルバムから 10 曲で終わってしまいます。 今年はブルーノート東京公演の...
スクムトゥス ! USTREAM にて、skmtSocial project 坂本龍一 さん「Playing the Piano」を 見ながら、聴きながら書きはじめました。 skmts は、有志がソウルでのコンサートを生中継し、全国各地でパブリックビューイングも行われています。 iTunes 向けにミキシングされたプ...