地下の国のアリス (ALICE’S ADVENTURES UNDER WORLD)

不思議の国のアリス・オリジナル
映画「アリス・イン・ワンダーランド」を再度見たあとに原作を読み返そうと思ったのですが、原本の完全復刻版を見つけたので、まずはこちらから読むことにしました。
原作を読み返そうにも自宅に置いたままになっているので、しばらく先の話になってしまいます。
「不思議の国のアリス・オリジナル」として発売されている「地下の国のアリス」は、箱から取り出すと復刻版には油紙のカバーが付いています。
懐かしいですね、今ではあまり見かけなくなりました。
復刻版は、手書きとはいえ特に読めない個所もなく、翻訳版と照らし合わせれば読み進められると思います。
翻訳版は出版に至る経緯等が書かれた解説、各個所の注釈、丁寧な内容となっています。
翻訳版には「不思議の国のアリス」よりジョン・テニエルの挿絵が使用されています。
彼の挿絵が今日では「不思議の国アリス」とも言えるものだと思いますが、復刻版にあるルイス・キャロルの挿絵と比較すると違いが見て取れます。
そして彼の挿絵が好きな方には、ルイス・キャロルの挿絵は少々衝撃的でしょう。
万人受けするものではないと思いますが、本来の世界観が分かるという点だけでも楽しく、興味深いものです。
帽子屋もチェシャ猫も出てきませんが、挿絵のみを考えれば「アリス・イン・ワンダーランド」はこちらの世界観に近いかもしれませんね。どうでしょう ?
ほかにもトーベ・ヤンソンが挿絵を描いているものもあるのですね。
内容には触れませんので「不思議の国のアリス」との違いを知りたい方は、是非手にとって読まれることをお勧めします。
短いですが「地下の国のアリス」だから知れることもあります。
アリスのために書いた、アリスの物語と改めて感じました。

このごろ少し

今日は風呂場の電気スイッチが壊れて真っ暗です。

関連しそうな商品

関連する記事

読了した書籍 (12) 〜「ふしぎなふしぎな子どもの物語」... 正月に読もうと考え、まとめて購入した中の一冊。 テレビゲーム、アニメ、世界名作劇場、マンガ、児童文学をひもとき、副題にある「なぜ成長を描かなくなったのか ?」という点を考察する、ひこ・田中 さんの著書です。 現在 34 歳である僕の子供の頃は人並みにテレビを見ていたとは思いますが、それよりも以前の内...
「ルイスと未来泥棒」〜 5 歳児と見た映画... 子供が予告編に興味を持ったので、休日前日に二人で見ていました。 最近に見た映画 (3) です。 原題「Meet the Robinsons」を「ルイスと未来泥棒」としたことは疑問です。 「と」が「が」かも知れないことを無視してしまっては…。 現在、過去、未来を行き来する目新しい内容ものではありませ...
最近に見た映画 (7) 〜「127 時間」「イースターラビットのキャンディ工場」ほか全 7 本... 昨晩は久々の一人の時間、ゆっくりと映画を見ていました。 忘れてしまって同じものを見る様なことはありませんが、備忘録としてここ最近で印象に残っている映画に関してまとめようと思います。 見ていないワケではありませんが…、5 月以来ですね、映画に関しての記事。 127 時間 「スラムドッグ $ ミリオネア...
読了した書籍 (5) 〜「選択の科学」 原題が「The Art of Choosing」ですので、科学とは言っても人文系の科学、もしくは行動学と言った方が正しいでしょうか。 題名と考えますと、常に選択に迫られているというよりも、僕らは選択しながら生活していますので、そういった点に着目すべきでしょう。 シーク教徒の両親の元に育った著者シーナ...
夜は映画、映画、映画 すっかり煮詰まった状態だったので、切り替えて夕方からは映画を立て続けに 3 本。どの作品も 2 度目です。 「アリス・イン・ワンダーランド」「インセプション」「トイ・ストーリー 3」 アリス・イン・ワンダーランド 終盤が少々薄い内容、風刺の部分をやさしくしすぎた印象はありますが、エンターテインメン...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です